TOP > その他の山 > 常寒山、船着山、風切山、腕扱山
2013年1月2日
日帰り



    

登山日 2013年1月2日
登山時間 集会所⇒登山口⇒林道出合⇒稜線分岐⇒常寒山山頂⇒集会所
(08:30⇒08:40⇒09:00⇒09:10⇒09:25⇒09:55 /約1.5時間)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 登山口の標識はなし。九十九折は結構きついかも。景観なし。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)




年始は今年も山に行こうと思い、正月早々早速出掛ける。ただ年末から寒波が来ていてすごく寒いので、雪の心配が少ない三河方面に向かう。選んだのは常寒山から連なる山々だ。

豊川ICで降り、十数キロ走る。途中の山々でも雪の降った跡はなかったので、安心して登山ができそうだ。ナビを頼りに常寒山の登山口である、東竹ノ輪集会場に着いた。結構山の集落なのだが他に駐車するスペースもないようなので、ここの集会場に止めさせてもらった。誰かいれば声をかけるべきだが、さすがに正月早々誰もいない。仕方なしに登山の準備をして出発する。

車で見た気温は0度。天気がいいので日に当たればまだましだが、やはり寒い。ただ歩いていると汗をかくこともあるので、調整できる恰好が必要だ。
集会場の隣の家の脇の道に「常寒山登山口」の看板が立っている。これを見つけるとひと安心する。
脇道を上がってゆくと、左右に民家が現れてやがて舗装がなくなる。しきりに「私有地、私有地」という看板が立っているが、この道も私有地なのだろうか。



東竹ノ輪集会所 集会所の隣の家の脇道 民家の中を歩く



そしてその先には微妙な山道が出現した。登山道を示す標識などは一切ない。ガイドブックでは登山口の標識があるそうだが。。そのまま先の山道を進むと、小さな祠のようなものがあった。後で分かったのだが、これはガイドブックに載っていた清滝不動であった。そうとは知らず、悩んだ末、右手に伸びる林道に向かうことにした。一応登っているし、これ以外道らしきものはなかったので。

車輪の後もついている林道なので、歩きやすい。ただ登りが結構きつい。確実に標高が上がっている。そして実感する。間違いなく常寒山へ向かっている、と。一応デジカメについているGPSでも現在地を確認してみるが、ほぼ地図通りに移動してきている。やはり間違いないようだ。
10分ほどで林道が薄くなってくる。そして分かれ道があり、そこからが登山道らしくなる。暑くなってきたのでミドルウェアを薄手のものに変える。冬山でも汗はしっかりと掻く。


標識はないが突き当りのここが登山口 林道を歩く 分かれ道は左へ



これまでも登りが続いていたが、ここからの登りもなかなかだ。傾斜はそれほどないが、楽ではない角度の道がずっと続く。これは確実に体力を削る登山道である。しかも九十九折になっている。ガイドブックにある通りの「四十四曲り」なのだろう。ただ足元には落ち葉の絨毯がひかれ、歩いていても気持ちがいい。

やがて林道に出る。林道とは言え、ほとんど車は来ないだろうと思われるレベルだ。とりあえず登っている右手に進む。
5分ほど歩くと、石仏が現れ、その先に大平登山口から登ってくる合流点に着いた。
ここには標識があったので、助かった。常寒山と書かれた方に進む。


登山道っぽくなtった やがて林道に出る 合流点を標識の方へ



地図ではここからは、ややなだらかな登りとなるようだ。人影もなく、シンと静まっている山の中を歩く。熊避けの鈴は必需品であろう。さすがに熊は眠っているとは思うが、あまりにも音がなさすぎる。
人影はないが、足跡はしっかりついているので順調に先に進む。杉林を過ぎると、いきなり鳥居が現れる。ちょっとびっくり。そして鳥居の先の急斜面を登ると、常寒山の山頂にでた。登頂成功。


なだらかになる 鳥居が現れると山頂はすぐ 常寒山山頂



山頂意外と広い空間になっている。展望はほとんどないが、小さな祠があるので賽銭を入れお参りする。正月だしね。
今日はできるだけたくさん登りたいと思っているので、一休みしてからすぐに下りにかかる。
いつものことだが、下りは快調。落ち葉の絨毯が足腰の負担も和らげてくれる。約30分で登山口に戻る。

さて次は船着山だ。








    

登山日 2013年1月2日
登山時間 林道入り口⇒登山口⇒船着山山頂⇒林道入り口
(10:15⇒10:25⇒10:15⇒11:15⇒12:00 /約2時間弱)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 景観なし。道もやや荒れている。途中に本にない林道が増えている。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



常寒山からは車で15分ほどで、船着山の登山口まで来ることができた。県道69号線沿いなので、意外と車の流れが多い。新城市のクリーンセンターの対面にある林道が入り口だが、県道沿いの余裕のある路肩に止めて登山を開始する。

県道を渡り、林道に入ってゆく。
しかしまあ、暗い林道だこと。人気もないし、山がなきゃ、絶対来ない場所だろうなと思い進む。
すぐに不動明王の旗がたくさん現れる。地図上にもあるので、間違いないだろう。そして暗い林道を進むと、左手に船着山登山口の標識が現れた。かなり大きいので良く目立つが、逆にこれぐらい目立たなければ見逃していたかもしれない登山口である。
ちなみに山なのに「船着山」というのは、昔の豊橋からの交易は、船によって豊川から船着山山麓の船着き場まで運ばれていたためだそうだ。


県道69号線からこの林道に入る 暗い林道 左が登山口



登る。いきなりの中々の傾斜。先の常寒山よりも道が荒れている。人が少ないのか。
冬だからいいものの、これが夏だったらかなりしんどい登りだ。虫天国だろう。一応踏み跡はしっかりと付いているので間違えることはなさそうだ。安心して進めるのは何より。

15分ほどすると、いきなり林道らしき場所に出た。いや、林道というよりは「今、道を作っている」という感じの方がいい。舗装もされていない状態だ。ガイドブックにはもちろんない。林道を渡った先にまだ登りが続いているので、半信半疑ながらそこを進む。
すぐに登山道を示すリボンが現れたので、ひと安心だ。少し標高も上がって来たのか、山の中も明るくなってきた。広葉樹も増えてきて気分がいい。
道はずっと登りが続いている。間伐材が所々で道を防いだりしているので歩きにくいが、まあこれくらいはいつものことだ。息はだいぶ上がってきたが。。


登山道はやや荒れ気味 切られた間伐材の多い 突然林道に・・・



しばらくするとまた林道に出た。今回はちゃんと舗装された林道だ。もちろんガイドブックにはない。よく見るとまだ新しい。やはり山の環境は日々変わっているようだ。
さっきと同じく林道を渡ったところに、上に続く登りがある。結構な階段だ。先に進む。

ここからは一段と道が荒れる。間伐材の倒木はもちろん、熊笹や草々などが茂り歩きづらい。もちろん登っているので息も上がる。ガイドブックに示された水場やトタンの小屋などはもちろんない。それでも進む。リボンがあるので、ほぼ間違いない。


また林道に 倒木も激しい リボンを目印に歩く



くびら岩という岩が現れると、山頂はすぐだった。この岩の付近も倒木だらけでアスレチックのように木々の間を進み、山頂へ。疲れたが、山頂はぽっと日の明るい場所であった。登頂成功。
時刻は11時15分。ちょっと軽食を摂る。ここも景色はほとんどないが、山頂にたどり着いた達成感で、非常に気持ちがいい。下りも少し道は荒れているが、難易度は高くないので安心だ。
一休みして下る。下りはまたも快調。途中、行きに寄らなかった不動明王にお参りをしても、35分ほどで下って来れた。


くびら岩 船着山 林道にある不動明王



次は風切山。
ちなみにこの船着山から、最初の常寒山までは松山峠という場所を通り縦走できるようだ。山頂の標識には常寒山まで120分とある。130山を終えたら、こういう山の楽しい方もいいかもしれない。





    

登山日 2013年1月2日
登山時間 福祉センター登山口⇒見晴らし台⇒風切山山頂⇒登山口
(12:05⇒12:20⇒12:45⇒13:15 /約1時間強)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ時々曇り
短評 石仏が多く穏やかな気持ちになる。見晴らし台からはなかなかの景観がある。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)




先の船着山から、次の風切山までは県道69号線を使いわずか5分で着くことができた。この短い移動は素晴らしい。無駄な時間を掛けなくて済む。
風切山の登山口は、新城市の老人福祉センターからとなる。正月だし、入り口の門も開いていたので中に駐車させてもらった。人影はないのでそのまま登山口に向かう。
登山口は福祉センターの建物の東側にある。言われなきゃわからないよう場場所だが、近くまで行くと登山口の標識がある。側面を添うように登る道だ。

歩きだしてすぐに3体の地蔵様に会う。本によるとここから山頂まで数十メートルおきにこのような石仏が置かれているそうだ。山の中でこういった石仏に会えることはちょっと嬉しい。仏像好きだし。
登山等は非常にしっかりと踏まれている。先の仏像もよく現れるので道を間違えることもない。ただ本当によく現れる。これを置くだけでも大変だろうなあ、と思う。


新城市老人福祉センター 建物東にある登山口 登山道にある石仏



道は難所はない。ただ単調。少し曲がったりする程度で、退屈かも。まあ激しすぎるのも勘弁だが。
登りだして5分で林道に出る。さらに10分ほど進むと、ちょっと開けた場所に出た。ガイドブックにも載っていない場所で、展望広場のようになっている。ここからの景色は今日一番のものであった。


見晴らし台広場から



近くにある標識を見ると、2011年に整備された見晴らし台広場とのことだ。だから勿論ガイドブックには載っていない。こういうのはちょっと得をした気分だ。ただ風が強く寒いので、先に進むことにした。


相変わらず仏様と微妙な上り坂が続く。決して楽じゃないが、少し雲も出てきたので少し早めに歩く。
しばらくして二つ目の林道に出る。ちなみのこの山は「奥三河名山八選」に選ばれているようで、結構標識が立てられている。これはこれで嬉しい。
登っていて、今日初めての登山者に出会った。山頂から下ってくる男性登山者だ。正月早々、好きなんだなあと思う。
そして杉林を進み、登山から40分ほどで山頂に辿り着いた。登頂成功。


登山道は単調かな 標識も多い 風切山山頂



山頂はベンチなどがあり、景色も良いので一服できる場所だ。再び軽食を摂り、体を休める。景色を眺めながら食事をするのは、山の贅沢のひとつであろう。登頂した充実感も感じる。

時刻を確認すると12時45分。下ると13時は過ぎる。原則13時以降に新しい山には行かないが、今日4つ目の山は所要1時間もかからない山ので向かうことにする。
その前に風切山を下山。その名の通り風を切るように下る。30分ほどで登山口に戻ってきた。
そして次の腕扱(うでこぎ)山までの所要を調べると、5分!
早速向かうことにした。





    

登山日 2013年1月2日
登山時間 重川池登山口⇒腕扱山山頂⇒登山口
(13:25⇒13:35⇒13:45 /約20分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ時々曇り
短評 直線ルートだとあっという間。山というよりは丘かな。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)




本日4つ目の山は腕扱(うでこぎ)山。登山口到着時刻は13時25分。通常なら13時を過ぎているので新しい山には登らないが、ここは1時間もあれば往復できる山。そしてこの立地。そう易々と来れる場所ではないので、登ることにした。

登山口は県立自然公園の中にある。その中に重川池という池があるのだが、この池の手前に登山口がある。本当に池が見えたら直ぐなので分かり易い。池の隣に車を止め、登山開始。
登山口はちょっとわかりにくいが、石の標識があるのでそれを目印にする。

ちなみにこの山、山頂までは2コースあって、ひとつ目がゆっくりとなだらかに上る周遊コース。そしてもう一つが、ほぼ一直線に山頂に向かう急坂コース。時間もないので急坂コースを登る。逆に下りの急坂の方が危ないからだ。
その名の通り、中々の登り道が現れる。ただ距離自体は短いので、足早に登る。が、もちろん一息では登れない距離だ。


重川池 池の隣の登山口 道は急!



少し休憩をとりながら登ると、10分ほどで展望台と銅像が現れた。展望台は廃墟のように不気味になっていたので入らず、銅像を見てみる。

「明治天皇御立像」

えっ?明治天皇??なぜ?
びっくりしたが、明治天皇の銅像であった。理由は分からないが、とにかく驚いた。

一気に登って来たので息は荒れているが、銅像の先に腕扱山の山頂が見えた。
登頂成功。わずか10分ほどであった。


明治天皇御立像 腕扱山山頂 帰りは緩やかなコースで



景色はほとんどないので、しばらく休憩した後、帰りは周遊コースでゆっくり帰ることにした。
随分となだらかで、落ち葉の絨毯が心地よい。ゆっくり歩いても山頂から10分歩で登山口に戻ってくることができた。小さな山だ。



今日はおそらく1日4山という初めての体験をしたが、さすがに4山目になってくると集中力がなくなってくる。小さな山だから良かったが、やはり1日3山ぐらいにしておいた方が安全かもしれない。
しかし、今日の4山、石像と景観の良かった風切り山以外、あまり特徴がない山ばかりだったな。




愛知の130山へ

TOPへ