TOP > その他の山 > 富士ヶ峰、知多本宮山
2012年3月17日
日帰り


15.富士ヶ峰
    (標高124.6m)

登山日 2012年3月17日
登山時間 富士ヶ峰登山口⇒富士峰山頂⇒富士ヶ峰登山口
(10:40⇒10:50⇒11:00 /約20分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 曇り
短評 登山と言うよりは神社参拝。運動靴でも十分登れる。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



前日は雨が降ったが、登山当日は晴れるとのことだったので、設楽行きの登山準備をしていたのだが、当日起きてみると今にも雨が降りそうなどんより雲。少し迷ったが、午後に大府市に用事があったので、その先にある知多半島と半田の山に行くことにした。

自宅から2時間、知多半島の国道247号線を南に走り、富士ヶ峰神社へ向かう丁字路を山側に入る。この辺りから登るつもりだったが、予想以上に斜面が急で車が停められない。しばらく登って路肩を探していると、どこかの会社の保養寮(ゲートが閉められていて今は誰もいない)があったので、そこの前に邪魔にならないように停めさせて貰った。


恐らくもう山頂は近いはずなので、準備運動も特にせずに登り始める。
すぐ、「富士ヶ峯神社」と書かれた看板があったので、そちらに向かって歩く。地面は舗装されたアスファルト。狭くて急だが、車でも通れる道だ。
天気は曇りで、傘がいるほどではないが時々小雨も降っている。それなりに急な坂を黙って登る。


ここを登山口とする 舗装された道を登る 山頂が見えて来た


周りには結構海が見える。晴れていればかなり綺麗だと思うが、今日は生憎の曇り。それでも山と海と一緒に楽しめる登山は何か新鮮である。
5分で富士ヶ峰神社に着いた。整備された階段を上り、参拝する。三角点を探したがないので周りを確認すると、階段の横からさらに上に伸びる道が見つかった。ちょこっと歩かれている跡もある。迷わずそこを進む。
案の定、ちょっとした山道になり山頂へ辿り着いた。

景観はない。ただ三角点はしっかりあった。富士ヶ峰、登頂。


海が見える 富士ヶ峰神社入り口 ここを進むと山頂へ


帰りは神社正面にある公園を散歩した。ベンチなどが置いてあって海を眺められるようになっている。ここらは桜も多いので、春、気候がいい時に海を眺めながら弁当でも食べたら美味しいだろうな、と思った。


ちょっち山道 富士ヶ峰山頂 公園からは海が見える








14.知多本宮山
    (標高86.4m)

登山日 2012年3月17日
登山時間 知多本宮神社参拝口⇒知多本宮山山頂⇒駐車場
(11:55⇒11:56⇒11:59 /約4分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 曇り
短評 富士ヶ峰と同じく、登山と言うよりは神社参拝。お参りをしよう。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



富士ヶ峰から次の知多本宮山までナビで走る。行きと同じ同じく国道247号線を今度は北上し、側道を走り「知多本宮山」と書かれた看板の曲がり角を進む。

確実に車は山を登っているが、舗装されたアスファルトの道はなるべく歩きたくないので、駐車ができるスペースを探しつつ様子を見ていると、中部電力(?)の関係の建物に辿り着く。ちょっとしたスペースもあり、駐車可能。
とりあえずよく分からないので歩いてみると、本宮神社に着いてしまった。。
近くの木々には知多本宮山の山頂を示す登山者のプレートも。


知多本宮山 ここに車を停め、歩いて行くと、 本宮神社へ。。


周りを見渡すと、ちかくに「この先伊勢神宮方面の美しい眺めが望めます」と書いた看板があったので、呆然としつつも先に進んでみると、確かにちょっと開けた場所に展望台みたいなものが出来ていた。
残念ながら曇り空で全く伊勢神宮など見えないが、海や中部国際空港はしっかり見ることができた。


この先に伊勢神宮の景色が・・・ 進んで行く 何も見えない展望台


しかし、やはりまずい。
改めて考えても車での登山はまずい。と言う訳で、近くに石階段の参道があったので、そこを降りて、登り直すことにした。こんなの初めて。。
下まで降りると幾分山頂を仰ぎ見る事が出来た。登る。
普通にに登ったら1分で着いてしまった。。何と言う事だ。。まあ息はハアハア言ってるからいいか。


下まで降りて、 また登る。 ここが知多本宮山山頂


とりあえず山頂は満喫したので車に帰ろうとすると、何と三角点を発見した。
と言う事は、ここが山頂か?
まさにその通りで山頂を示すプレートもあった。良かった、ちゃんと見つかって。



曇り空の中、知多方面の2山に無事登れた。
山と言うよりは両方とも参拝に近い感覚で、運動靴でも行ける場所だが、130山には間違いないし、設楽や三河に偏りがちな愛知の山なのでこういうのもありかな、と思う。

まあでも、設楽の山を想定して上下のレインウェアや非常食、それにツェルトなどは不要だったかな。。



追加:
2012年7月30日に近くに寄る事があったので再び訪問。展望台からの景色が良く見えたのでUPしておきます。

知多本宮山からの風景





愛知の130山へ

TOPへ