TOP > その他の山 > 風頭山、巴山
2015年12月5日
日帰り



    

登山日 2015年12月5日
登山時間 登山口⇒林道出合⇒稜線分岐⇒風頭山山頂⇒林道出合⇒登山口 
(08:00⇒08:40⇒09:10⇒09:30⇒10:10⇒10:45/約2時間45分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 林道、九十九折り、尾根歩き、痩せ尾根、展望、ジャングルと低山ながら様々に楽しめる要素がある。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)




今年は残念ながらアルプスへは行けなかったのだが、12月に入ったのでこの時期の楽しみ低山登山に出掛ける事にした。今回は久々に相棒も参加。久し振りの登山に出掛ける。

130山も踏破数100を超え、残り少なくなってきた。前は色々な選択肢の中から山を選んで登っていたのだが、今ではあまり選べなくなってきた。そんな中で比較的名古屋から近い岡崎にある2つの未踏山を選んだ。風頭山と巴山である。

午前6時半に家を出る。この時期は香嵐渓方面は必ず渋滞するので東名利用がいい。快調に車を走らせ1時間半ほどで目的地付近に到着した。近くていい。
登山口付近は林道だが一応舗装されている。砂利道じゃないのは助かるが、かなり枝葉が散乱しており大きな車ではちょっと走り辛い。登山口の分岐を過ぎ、少し進むと狭い広場が見える。ここに車を止められそうだ。
車を止めて出発の準備をしていざ登山開始。


登山口からはしばらく舗装された林道を歩く。舗装と言っても車が通る訳でも人がたくさん歩く訳でもないので、枝葉が散乱している。一見舗装道には見えないが、歩く分にはしっかりと確認できる。でもこれ、永遠と続く林道は困るのだが、最初少し林道を歩くのはとても良い。総じて林道はそれほどの傾斜はないし、木々や草木が生い茂る訳でもないし、何より最初のウォームアップになる。
と言う訳で林道歩きを楽しむ。


ここに停めて出発 登山口(左が駐車場、右が山へ) 最初は舗装された林道歩き



登山口から5分ほどで分岐に出る。丁寧に看板があり右手に進む。回りは杉林だが手入れされているのかされていないのか微妙な感じだ。とにかく路面上に岩や木々が多い。そのまま進むと倒木なども現れてきて、もはや見た目は完全な登山道。登山道は風頭山自身の山影に当たるので晴天なのだが薄暗い。

やがて小さなケルンが現れてきて舗装道が終了。ここから完全な登山道となる。


最初の分岐は右へ行く 倒木が道を塞ぐ ケルンが現れたら林道終了


いやいやここからは「マイナー低山の本領発揮」である。薄暗く陰気臭いし、木々は迫るし、足場は悪いし、気分は滅入る。失礼かもしれないが「風頭山」と名前を聞いた瞬間に想像できてしまった。幸い今日は相棒が一緒に来てくれているので幾分気も楽だが、これが一人だと本当に自分との戦いだ。


薄暗くて陰気臭く、 木々は迫り、 足場は悪い。



周りから聞こえるのは時々する鳥の声と、自分達が歩く音。遠くの方で風で木々が鳴る音もする。岡崎なのだが深い山だと感じる。ザックザックと靴で歩く音が響く。滅入りそうな山だけど随分と慣れたし、実はこういう山も嫌いじゃなくなってきた。逆に人がたくさんやって来るメジャーな山は少し面白みに欠ける、、、かな。

登山開始から40分ほどで林道に出た。しっかりと整備された舗装道で、これまでの鬱蒼と茂ったジャングルのような山歩きから解放されるので有難い。
ここで一息つく。12月に入り随分と気温も下がって来た。駐車場では気温3度。ここらは風もあるので体感ではもっと低いだろう。歩いている時には暑さも感じるが止まると途端に冷えてくる。油断大敵だ。

すぐ目の前に山頂へと続く道がある。意外と急。写真で見てみると壁だ。体が冷えない内に登る。


林道に出た! ここから登る 険しいねえ



ここからは九十九折りに登って行く。つまり急坂。ただ標高が上がって来た為か杉林が生い茂りすぎか、鬱陶しい草木がなくなって来たのは助かる。登りはきつくても自分のペースで歩けるのは嬉しい。
踏み跡は濃くはないが分からないほどでもない。まずまず問題なく歩ける。しっかりとリボンも付けてくれているので大助かりだ。急斜面をひたすら登る。

標高が上がって来ると段々と風が強くなってくる。稜線が近い証拠だ。細々とした道を上がって行くとやがてその稜線出た。太陽の日が差し陰気臭さはなくなったが、それ以上に風が強い。ウィンドブレーカーがないと風邪を引いてしまうレベルだ。ここは長居はできない。向かって左の風頭山山頂に向かう。


九十九折りを登って行く 稜線が近付くと風が強くなる 稜線分岐を左へ



この分岐から山頂までは約20分ほどだが、痩せ尾根あり、アップダウンあり、強風ありとなかなか楽しませてくれる。時折景色もごく僅か見えるのも嬉しい。そして山頂前のかなり急な坂を登ると、ようやく風頭山の頂に着いた。


痩せ尾根 尾根歩き 風頭山山頂



そしてこの風頭山、ほんの少し南側に行くとそこだけ何故かちょっとした展望台になっている。


南側の展望台 景色がいい



これはいいねえ。低山登山ならではの感覚。薄暗い山をひたすら登り、最後に山頂と共にこのご褒美。何故かここだけ風がまったくなく、逆に日差しが強いので暑さすら感じる。お昼にはちょっと早いので休憩等はしなかったが、昼時には食事をする場所にはとてもいい(ちょっと狭いが)。

帰路は来た道をそのまま戻る。
正直評価の難しい山だ。色んな要素が楽しめるのは確かだが、決して人に勧められる山でもない。山頂岩場の景色は素晴らしいが、そこの辿り着くまでのジャングルゾーン(?)は大変。どうなんでしょう。
意外なことに帰りの際に5名ほどのご年配グループとすれ違った。こんな山にも来るんだとちょっとびっくり。

続いて近くにある巴山に向かう。






    

登山日 2015年12月5日
登山時間 駐車場(登山口)⇒車道⇒巴山山頂⇒駐車場(登山口) 
(11:10⇒11:45⇒12:00⇒12:35/約1.5時間)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 よく整備された山。ハイキング登山レベル。展望はなし。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)





風頭山を終え次に向かったのは巴山。嬉しい事に車で15分足らずの場所にある山だ。
ナビに指示通りに走り、登山口である愛知県野外教育センターに到着。11時過ぎだが駐車場はガラガラ。ゆっくりと停めさせてもらいいざ出発。

駐車場のすぐ先に「ハイキングコース 巴山へ」との標識があり道も分かりやすい。道も非常によく踏まれており歩きやすい。傾斜もほとんどないのでそれほど疲れる事もなく進める。杉林の中をゆっくりと歩く。
歩けばすぐに標識が現れる。これほどたくさん標識があれば間違うこともないし、歩きやすいので助かる。午前中の風頭山とは全く違う山である。「巴山 歌碑コース」と書かれた方へ進む。


愛知野外教育センター 標識を発見 なだらかな登山道



歩けば歩くほど道が良く整備されている事を感じる。標識の多さはもちろんだが、危険個所にはまだ補修されたばかりの遊歩道などもあり安全に歩ける。気軽に山を楽しみたい人にもお勧めだ。やがて和歌の入った石碑を発見。読んでみたがあまり意味が分からなかった。
それにしても結構多くの人が歩いているのか、木の根っこが浮かび上がってしまっている。これは逆に歩き辛い。人気の山なんだろうと思う。


よく補修もされた登山道 和歌 根っこがすごい



さらに進むと舗装された林道に出る。そのすぐ先に巴山白髭神社の鳥居が現れた。鳥居をくぐって少し登ると巴山の山頂に辿り着く。
巴山は豊川・矢作川・男川の分水嶺(ぶんすいれい)となっており、山頂にある三角柱のそれぞれの流れる方向にその川の名が刻まれている。
山頂には古い祠がひっそりと建てられている。山頂付近はやはり風がとても強いので、参拝だけ済ますと下山に取り掛かった。


白髭神社鳥居 巴山山頂 分水嶺の三角柱



帰りは来た道とは違う「尾根コース」なる道を進んだのだが、いまいちよく分からずちょっと迷いながら無事下山できた。

冬の晴れた日、ちょっと風は強かったが気持ちのいい登山が出来た。





その他の山TOPへ