TOP > その他の山 > 碁盤石山/古町高山/大野山/水晶山
2013年4月28日
日帰り



    

登山日 2013年4月28日
登山時間 登山口⇒林道⇒天狗の庭⇒右のピーク⇒碁盤石山山頂⇒登山口
(08:10⇒08:30⇒08:40⇒08:50⇒09:00⇒09:30 /往復1時間20分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 良く整備が届いており、見所や景色が抜群の良山。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



春の低山登山シーズンも終盤を迎え、最後のチャンスであるゴールデンウィークに愛知の130山に登ることにした。毎年、この時期は富士山眺望登山を行っているが、今年はいろいろな事情から行けない為に低山登山を楽しもうと思う。


選んだのは碁盤石山。標高も1000mちょっとと、それほど低くないのでまだ暑くもないし、虫の心配もあまりない。最近はだいぶ朝も暖かくなってきたので、早朝の出発もしんどくないのは嬉しい。
車通りの少ない狭い林道(舗装道)を走り、ナビが示す到着付近に碁盤石山の登山口があった。ガイドブックも随分と古くなってきているが、そこに紹介されている写真はガイドブックとほぼ同じ状態でまだあり続けていた。登山口が簡単に見つかることはとても嬉しい。


林道にある空いたスペースに車を止め、8時10分、登山出発。気温は7度ちょっと。何もしないと少し寒いが、歩けばすぐに暖かくなる温度だ。ちなみに登山口にはいろいろな看板が立てられている。多くがこの碁盤石山を紹介するものだが、これだけあるってことは結構有名な山なのかもしれない。

最初は杉林。非常によく整備されている。ちょっとした段差でも木が敷かれていたりする。沢には可愛い橋なども架けられており、やはり人気のある山だと思われる。森は静かで自分以外に登山者はいない。自分の発する音以外では、時々聞こえる鳥の声だけが良く響いている。


碁盤石山登山口 杉林が続く 可愛い橋もある



明らかに手が入っていると感じた。登山道の至る所で、綺麗に熊笹が刈られている。130山を歩いていると、登山道はあっても熊笹が道を防ぎ、殆ど藪漕ぎ状態な場所もある。でもここはしっかりと整備されており、笹などが体に触れることはない。笹が鬱陶しいのはダニだ。ここ数年マダニによる死亡事故もニュースになっている。経験上、ダニはこの笹に特に多いように思う。それだけに笹がしっかり刈られている登山道は気持ちよく歩ける。

しばらくすると「胸突坂」と書かれた看板に出くわす。その先にはその名の通り胸を突かれるような急な登りが続いている。名前が付くほどだから、それなりの坂だろうと思い気を引き締めて登り始める。
登りは階段状になっているので危険はないが、登っても登っても先が見えない。とても一息では登りきれない距離だ。まだ登山を開始して10分ちょっとだからいいが、これが4〜5時間歩いた後だと結構辛いかも。



笹がしっかりと刈られている 胸突山 登る登る



胸突坂が終わる地点はちょっとした尾根のような感じになって来て、明るさも増してきた。ベンチが見える。坂を上って来たので息が上がっているので、立ちながらちょっと休憩。風も吹いてきて、火照った体にちょうどいい。休憩しながら満開を迎えているツツジを楽しむ。ピンクの花が、まだ寂しい枯れ山に賑わいを加えてくれる。


ベンチの休憩所 ツツジが綺麗 林道を横切る



登りは幾分緩やかになり、先に進むとすぐに林道に出た。林道を横断し、直ぐの所に「七尋岩(ななひろいわ)」と書かれた場所に出る。大きな岩があるが、何の謂れがあるのかは分からなかった。

七尋岩から10分ほど気持ちのいい登山道(ここも笹がよく刈られている)を歩くと、いきなり景色の良い場所に出た。振り返ると中々の眺望が広がっている。そしてこの辺りには岩が多い。すぐにここが「天狗の庭」だと分かった。
景色が良く開放的で、たくさんの岩も転がっているので休憩にはちょうどいい。奥にはここの山の名前にもなっている天狗が碁を指したという岩があった。
なんでもこの山に住む天狗が碁の技量が日本一だと自惚れていたが、地元の名人と七日七晩対決し、負けてしまう。口惜しさに碁盤をひっくり返してしまうそうだが、その碁盤がこの岩だという。ちなみに碁の上達を願う人は、7日通って拝めば上達するとの言い伝えがあるそうだ。何とものどかな話である。山にこういった昔話があると、何だか登っていても楽しくなってくる。


七尋岩 しっかりと笹の刈られた登山道 視界が開ける
景色がいい 天狗の庭 天狗が碁を指した碁盤石



休憩にはまだ早いので先に進むと、富士見岩なる看板が現れる。ちょっと寄り道して見ると、それはまた景色の良い場所にでた。中央に岩があり、天気の良い澄んだ空気の日にはたぶん富士山も見えるのだろうと思う。今日は天気も良く空気も乾燥しているが、残念ながら富士山までは見れなかった。それでもここの景色は開放的で抜群である。昼頃に来ていてたら間違いなく弁当を食べているだろう。


富士見岩からの景色




富士見岩から数分で再びベンチのある場所に出た。
看板を見てみると、「右側のピーク」となっている。そうかここも一応山頂なのだ。ただ目指す山頂はここではないので、さらに先に進む。ただ左右に山頂があるということは、必ず下ってまた登るということであり、案の定最初は下りになる。しかもこの辺りから登山道の手入れがちょっと雑になってきている。結構熊笹が生え放題になっている。苦戦するほどではないが、できれば最後まで刈ってもらえれば嬉しかったかも。また道も狭くなるので注意したい。
山頂付近の登りを登り終えると、ようやくピークに辿り着いた。残念ながらここからはあまり展望がきかない。ちょっと休憩をしてからすぐに下りにかかった。


右のピーク 登山道が狭くなる 碁盤石山山頂



やはり天狗岩辺りの景色は抜群で、歩いていても気持ちよかった。登山中は誰にも会わなかったが、登山口まで戻ると数名の登山者に出会った。やはり結構有名な山なのかな。歩き易さと展望を考えれば、それも納得がゆく。また来ても良いと思う山であった。








    

登山日 2013年4月28日
登山時間 登山口⇒古町高山山頂⇒登山口
(10:00⇒10:35⇒11:00 /往復約1時間)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 景色もなくあまり特徴のない山。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



満足の碁盤石山を終え、次に近くにある古町高山に向かった。ナビに入れると10分程度で登山口まで運んでくれる。いやいや楽だ。
古町高山の登山口もすぐに見つかった。道路に面しており、すぐに分かる。登山口が簡単に見つかって、本当に有難い。

少し先の路肩に車を止めて、登山を開始する。
最初はコンクリートの登り。この山も良く整備されているのかな、なんて思っていたら、すぐにその希望は打ち砕かれた。何だか登山道がよく分からない場所に向けて看板が立てられている。ここを登れと言う訳か、まあしょうがないか。これが130山。


古町高山登山口 最初は舗装道 ここから登るのか・・・



最初は結構急坂。余り歩かれていないのか、草木も多い。登り終えると、杉林の中にそれらしき登山道が続いている。木に巻かれたビニールテープが目印になる。しかし、先ほどの碁盤石山とは違い、ほとんど整備はされていない。整備された山ばかりでもつまらないのだが、難しいところだ。

歩くにつれ、結構登山道がはっきりしてきた。この辺りは結構鉄塔があるようで、地図を確認しながら鉄塔の番号を見て先に進む。
しかし地図や歩いている感覚からして、どうも一直線に山頂に向かっているようだ。途中で九十九折になるが、それでもこれは方角的にはまっすぐ山頂に向かう登り方だ。笹もなく、涼しい杉林なので苦ではないが、楽しさには欠ける。


最初はきつい登り 鉄塔の案内を確認する 杉林を登る



山腹を巻くように山を登り、しばらくすると傾斜が楽になってきて、山頂が近い雰囲気になってくる。しかし緩やかだが登りが続いているので、体にはきつい。
ゆっくり休み休み進むと、ようやく山頂が現れた。全体的に登りが続く山である。特に景色が良い場所もないし、見所もないのでちょっと物足りない。ちなみにここの鉄塔というのは、電信柱のような細いものであった。下りに気付いた。


登りが続く 古町高山山頂 これが鉄塔



登山口付近まで下りてきて、ズボンのダニチェックをする。すると、いたいた。小さい点のようなものだが、よく見るとダニだ。トレッキング用のズボンなので簡単にデコピンで取り除けるが、軍手などに付くと中々取れない。しかし、しょうがないけど、虫は嫌だなあ。。






    

登山日 2013年4月28日
登山時間 登山口⇒大野山山頂⇒登山口 (11:20⇒11:24⇒11:26 /往復約6分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 登山口からあっという間。登山?
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



古町高山を登り終えてもまだ時間は11時。今日3つ目の山に向かった。疲れも考慮して30分程度で登れる大野山に登ることにした。大野山までも車で15分程度。近いので楽だ。

ナビで登山口付近まで進む。この大野山の登山道はガイドブックには二つ紹介されているが、ひとつはほとんど林道を歩く道なので却下。往復30分ほどとあっけないのだが、短いコースを選んだ。
ナビが示す登山口付近まで来たが、実際登山口は分からない。道が細かすぎてナビでは見つからなかったのだ。それでも林道沿いに「大野山」の看板を見つけたので、そちらの方に進む。その林道は本日初の「砂利林道」であった。嫌な予感もするが、まあ何とか車でも走れるレベルなので、先に進む。

林道上に、「佐久間西幹線No.62票示板」という案内があるそうで、そこが登山口になるのだが、全然見つからない。道は結構続いているのでどんどん進むがやはり見つからない。やがて周りの雰囲気もちょっと山頂近くなってきたので、さすがに路肩に駐車してこの辺りから歩いて探すことにした。とりあえず林道はまだ続いているの先に進んでみようと思う。ちょっと嫌な予感。。

しかし、車を降りてすぐの所に「大野山登山口」の看板を見つけた。なんという幸運。しかし雰囲気からもう山頂は近いことは分かっていたので、どれだけの登山になるか心配して登る。
最初は急だが、すぐに鉄塔が現れる。振り返れば中々の見晴。「大野山」という看板が現れ、山の中に向かっている。そして10mほど進むと、山頂を示す標識が掛けられていた。。もう、終わり?


大野山登山口 登る 大野山山頂


車で来過ぎた感はあるが、しょうがない。登頂を喜ぼうと思う。
歩いて下山する。往復6分という最短記録ができた。


山頂付近 鉄塔 景色はいい








    

登山日 2013年4月28日
登山時間 登山口⇒第二鉄塔⇒水晶山山頂⇒登山口 
(12:10⇒12:30⇒12:40⇒13:00 /往復約50分)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 登山口が車が多く危険。山自体は普通。
難易度
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)



今日は3山を登って終えようと思ったのだが、大野山があまりにも予定より短すぎて、下山をしてもまだ11時半。仕方がないので、帰り道にある水晶山に登ることにした。ここは往復1時間40分。ちょうどいい程度だ。

車を帰路に使う153号線を走る。ナビはもうすぐだと言い始めるが、ここは国道153号線の道路上。ゴールデンウィークなので車の往来が激しい。それでも何とか路肩に車を止め、地図で確認。するとこの近くに神社があり、そこが登山口になっているようだ。
車を降り、恐る恐る153号線を歩いて見ると、なんと本当に国道沿いに登山口があった。これまで130山で何度も通っている国道なのに全く気付かなかった。びっくりだ。

国道は車の行き来が激しいが、いったん山には行ってしまえば安心。車にはねられることはない。少し坂を登ると、すぐに神社が見えた。神社というよりも小さい祠といった感じだろうか。簡単にお参りをして奥に続く道を進むと、小さな鳥居に出くわす。ここからが本格的な登山だ。


国道沿いの登山口 小さな神社 鳥居



最初は結構な急坂である。今日すでに4山目になるので、だんだん足も重くなってくる。平地を歩いている時にはなんてこともないのだが、やはり登りでは顕著に表れる。それでも笹もなく、割と自然の森が残っていて歩いていても気持ちがいい場所だ。また標識もしっかり出ており、そこには山頂までの距離が書かれており目安にもなる。有難い。

尾根っぽい道を登り、鉄塔に出る、そう、古町高山で見た細い鉄塔ではなく、ちゃんとしたイメージ通りの立派な鉄塔である。まあどちらでもいいんだが。。
下をくぐり、先に進む。ここからは傾斜も幾分緩やかになる。ちょっと安心だ。緩やかに登ったり、下ったり、疲れていなければ結構楽しい山歩きだろう。


最初は急坂 標識も新設 鉄塔の下を通る



登り始めて20分程で二つ目の鉄塔になる。地図を見るとここから山頂はもうすぐそこのようだが、どうも傾斜もきつくなるようだ。それにいきなり登山道も狭くなる。草や木々が覆い茂っており登りにくい。疲れた体に鞭打って、気合で登る。

最後になだらかな尾根が広がり、その先に水晶山の山頂を示す標識が見つかった。登頂成功。
昔はこの山でその名の通り水晶が取れていたようだが、今ではそのような面影は全くない。まあそれでも景色などはないが、つまらない山ではないかなと思った。


登山道を歩く 狭い登りが現れる 水晶山山頂



車に戻ると13時。ちょっと早目だが、もう足も疲れたし4山も登ったし満足の一日であった。





愛知の130山へ

TOPへ