TOP > その他の山 > 出来山
2016年11月6日
日帰り



    

登山日 2016年11月6日
登山時間 段戸湖⇒五六橋⇒牛渡橋⇒出来山山頂⇒五六橋⇒段戸湖
(08:50⇒09:15⇒10:00⇒10:30⇒11:50⇒12:00/約3時間)
登山口までの移動手段 自家用車
天候 晴れ
短評 林道コースを選択の為、登山と言うよりは山歩きに近い。景観は全くない。
「山の散策」と割り切れば程良いコース。
難易度 (林道コース)
おススメ度
「新・こんなに楽しい愛知の130山」

愛知の低山登山の決定版!低山だからと言ってあなどれない山々。
管理人もこのガイドブックを片手に頑張って登ってます。
(Amazonへリンクします)




夏も終わり秋も深まってきたので、また130山に向かう事にした。今の時期はハチや熊の危険性もあるが、朝もそれほど冷え込まず低山登山には素晴らしい季節である。
選んだ山は出来山。130山の中でもそれほど遠くなく、コースを選べば「山歩きで山頂まで行ける山」。今回もまた愚息を背負っての山行なのでこういう山は有難い。準備をして午前7時に家を出る。

登山開始の場所は段戸湖と言う湖。何度か聞いたことはあったが、訪れるのは初めて。家の辺りはまだこれからだが、標高1,000m付近なのでもしかしたらいい感じで紅葉が始まっているかもしれない。ナビに任せて狭い県道を走り、段戸湖に付くと午前9時前であった。

驚いたことに既に段戸湖の駐車場は8割埋まっている。良く見ると綺麗な紅葉も見られるし、釣りを楽しんでいる人も結構いる。意外と人が集まる場所なのかもしれない。尚ここには駐車場のほかにトイレや簡単な観光案内所もある。段戸湖周辺の散策マップなども置かれていて、意外と気軽に散歩が出来るのかもしれない。



紅葉が始まっている すでに多くの車が ここから歩きはじめる



準備をしていざ出発。入口はトイレに向かって左手のゲートのある場所。最初は池を周るように歩く。
出来山は登山口(段戸湖とする)から山頂までが標高差100m程度と、非常に歩きやすい山。その上今回は林道を全て歩いて山頂に向かうので、正直登山靴も不要かと思うぐらい「山散歩」で行って来られる。ガイドブックには山頂の南方から登山道らしい道を歩いて登るルートが紹介されているのだが、藪漕ぎがあり正直訪れた際も誰もそのルートを登っていなかったので林道ルートで十分に思う。ただし片道約5km、往復で3時間ほど掛かったので「気軽」とは言えないかもしれないが。。

気温は7℃程度。風が無ければ歩いていて気持ちいいのだが、風に吹かれると結構冷える。それでも段戸湖の中に入って釣りをしている人もいるので頭が下がる。紅葉も割といい具合に赤や黄色に染まってきており、もしかしたらピークなのかもしれない。特に段戸湖周辺には綺麗な木々が多い。


道は平坦 段戸湖の周りを歩く 色付いている木々も多い



それにしても気持ちがいい。死にそうになる傾斜もなくのんびり自分のペースで歩ける。紅葉の木々や山の自然を感じながら歩く余裕がある。愚息もずっと負ぶわれているのだが、何故かいつも山では機嫌がいい。結構笑っている。激しい山も嫌いではないが、130山もあるのだからこういう山があってもいいと思う。

東海自然歩道や段戸湖散策路との分れ道を過ぎ、30分ほどで五六橋に到着した。取り立てて書く場所でもないが、数少ない現在地を知るポイントの一つだ。そこから少し先に朽ち果てた(?)トイレがあり、再び分れ道がある。ここはまだ未踏の寧比曽岳、筈ヶ岳に繋がる道。「寧比曽岳 5.4km、2時間20分」とあるのでとても今回は行けないが、いずれ行かなければならない山だ。


自然を感じながら歩く 五六橋 右折すると寧比曽岳


基本は平坦な道なのだが、それでも起伏はある。途中緩やかな登りが続く場所があり、それを超えると下りになる。小さな峠を越えている感じだ。道も車もごく稀に通るようで歩く分には何の問題もない。綺麗に舗装はされていないので、やはり軽登山靴程度はあった方がいいように思う。

段戸湖周辺にはそれなりに観光客もいたが、少し奥の方まで歩いてくると誰一人いない静かな山となる。一人であったらひたすら林道との対峙になるコースに思う。
時々分かれ道などもあるが、ガイドブックの地図通り歩けばほぼ間違いなく山頂へ向かって行ける。事前調査の通り景観はほぼゼロ。紅葉シーズンだったので綺麗な木々に癒される。


ひたすら林道 自然との対峙 紅葉のシーズンで良かった



10時頃「無名のコンクリート橋」を通過。順調だ。
そしてそのすぐ先に牛渡橋が現れる。ここから南方の「藪漕ぎコース」を選ぶこともできるが、先述の通りそちらへは行かない。このあと2,3人の登山客に出会うがすべて林道コースを歩いている。誰も好きで藪漕ぎなどしたくないはずだ。

ここから少し傾斜が出てくる。道も気持ち程度だが荒れている。しかし、しばらく行くと舗装路に変わる。荒れてはいるが。舗装されているので歩きにくくになり、やや体力を奪われる。GPSで確認すると山頂は近い。


牛渡橋 落ち葉が綺麗 舗装路になった



舗装路をずっと登り続けると、やがて鉄塔があるちょっとした広場に出た。どうやら山頂らしい。出来山は愛知県に10個しかない一等三角点のある山だ。ガイドブックによるとこの広場の隣にある雑木林にあるらしい。なるほどちゃんと足跡が踏まれている。
午前10時半、出来山山頂到着。本当に景観も何もない山だ。まあこういうのも慣れてはいるが。


広場に出た 雑木林 一等三角点!



帰りはそのまま来た道をピストンで帰る。出来れば周遊で歩ければ文句がないのだが、それは贅沢だろう。
段戸湖に戻ると、めちゃくちゃ人が増えていた。駐車場はもちろん満車であり、その近くの道の脇にもずらりと路駐されている。確かに段戸湖周辺の紅葉は綺麗だが、そんなに見るほど物なのか。。


寧比曾岳へ 色付き始めている 綺麗な紅葉



車に戻ってから密かに楽しみにしていたラーメンを作る。観光案内所の隣に小屋や机があり、ここで湖を眺めながら食事が出来る。ちょっと風が強いがラーメンにはちょうどいい感じ。釣り客用なのだろう、小屋の中はストーブが焚かれておりお湯も沸いている。お茶を買った際にひとこと言ってお湯をもらいラーメンを準備。紅葉を愛でながら美味しく頂く。程良い疲れが体に気持ちいい。


満車 観光案内所 湖の隣にある休憩場所



今回の山で130山も残り20山となった。
「すぐに登れるだろう」

などと安易に考えていたのだが、気がつけばもう8年。愚息が生まれてペースが落ちてしまってはいるが、残り少なくなってきてやや寂しく思う。最後の山はどれにしようかまだ決めていない。


ちなみに帰りは同じ豊田にある「しもやまの里」へ向かった。大きな五平餅があるとの事で行って見たかった場所だ。思ったよりも遠かったのだが、大きな看板のあるお店は良く目立つ。人も結構入っている。そしてほとんどの人がやはり五平餅を食べている。なるほど確かにでかい。味はまずまずだが、大きさはすごい。


しもやまの里 五平餅(350円) 店内



お腹もいっぱいで、充実した休日を過ごすことが出来た。
また山に行こう。





その他の山TOPへ