TOP > 海外登山 > エベレスト・トレッキング
2008年10月23-11月6日
13泊14日





1.「1杯のミルクティー」
2.「高山病」
3.「高山を歩く」
4.「いざ、カラ・パタールへ」
5.「帰路、そしてルクラで足止め」
6.「おまけ。トレッキングについて」


【ルート】
往路
ルクラ パクディン ナムチェ タンボチェ ティンボチェ ビブレ トゥクラ ロブチェ ゴラクシェプ カラパタール,B.C
復路
ゴラクシェプ ロブチェ トゥクラ ペリツェ タンボチェ ナムチェ パクディン ルクラ

行程 :13泊14日
難易度 :★★☆☆☆
お勧め度 :★★★★★
※・・・登山道は歩きやすい。レベル的には日本のアルプスの方が難しい。ただし、高度が高いので、それを考慮すればもう少し難易度は上がる。



鳳凰三山


その5「帰路、そしてルクラで足止め」

翌日は06:30に起床。朝食が高すぎたので持っていたクッキーで済ます。日本から持ってきたお菓子類は、ここで食べると本当に美味しい。すっかり朝食代わりになっている。
今日は下りだけなので楽だと思っていたのだが、さすがに標高5000mのゴラクシェプ付近では岩場も多く結構大変である。でも、しばらくすると岩などはなくなり下り坂となり楽になった。ぜいぜい言いながら登る人を横目に快適に下る。息も乱れないのでほとんど休まずに進める。エミリアも「これぞ下り!」と言って喜んでいる。2時間程でロブチェに到着。暑くなってきたのでインナーダウンジャケットを脱ぐ。


ダイアモンドヌプツェ?
(帰路の朝、美しい日の出を拝めた)


昨日からは信じられない程足が動く。それにしてもこれまで必死になって登ってきた道が、こうも簡単に進めてしまうとは。。それに風景。登る時も景色は目まぐるしく変わったが、下りはもっと早い。山なんてあっという間に見えなくなってしまう。まるでビデオの早送りを見ているようだ。感傷もくそもない。

10:30、トゥクラに到着。ここからは行きは違うルート、ティンボチェ経由ではなくペリツェへ降りるルートを選んだ。非常に分かり辛い道を探し出し、ようやくペリツェへ繋がる道に辿り着く。でも、ここからの景色は素晴らしかった。


ペリツェへ下る道
トゥクラから少し下ると素晴らしい景色が広がっていた


4000m近いのでヤクも食べる物があり
放牧風景をたくさん見かける



低い木や草が少しずつ現れ始め、チョラツェ(6440m)やタウチェ(6542m)などの秀峰を眺めながら下る。目の前にあるアマダブラムも美しくそびえる。あまりの雄大な景色に、思わず笑いがこみ上げてしまう。
12:30過ぎ、ペリチェに到着。予定ならここで1泊する予定だったのだが、エミリアのとの話し合いの結果、まだ先に進めそうだったので次のパンボチェまで行くことにした。食事を済ませて13:30、出発。

下りは非常に早く進めて楽なのだが、動きが早くなる分、足に負担は掛かる。そしてトレッキング始まって以来、初めて足のマメが潰れた。小さなものも合わせると3ヶ所ほどである。ゆっくり登り続ける行きではなかった事だ。

ペリチェ〜パンボチェ間は歩いた事がなかったが、谷や川などの狭い道が多く、人も少ないので転落事故でも起これば大変な事になる。やはり午後はあまりトレッキングをしない方が良いと思った。


帰りも広大な風景が続く
 
ペリチェを過ぎると危険な場所も増える。
細い道の下には谷が広がる
高度が下がれば
木々や家なども増えてくる



高度も随分と下がり、歩いていると暑く感じてくる。パンボチェに着いたのが15:30。高度は3985m。今日一日で高度1000m以上も下ったことになる。もうこれ以上は無理。歩けない。ちょっと無理した感がある。体力的にはまだ大丈夫なのだが、足の痛みが結構酷い。明日以降のことを考えるとここが限界だろう。もうすぐ16:00だし。

宿泊したロッジには水道が引かれていた。蛇口をひねると水が出るのだ。さすがにここまで戻ってくると設備が良くなる。随分と久しぶりに手と顔を洗った。やはり体が洗えるというのは素晴らしい事だ。思えば顔を洗うのも随分久しぶりのような気がする。明日はナムチェに戻れるのでシャワーが浴びれる。本当に今から楽しみだ。


ところで行きのティンボチェで、エミリアが「ティッシュがなくなった」と言っていたので十分余っていた自分のトイレットペーパーを貸していた。ところが今日、

「なくなった」

最悪紙がなくても大丈夫なトレッキングの
トイレなのだが、他事も含めてやはり紙は大切。
と言って紙を入れていたビニール袋だけが返って来た。。唖然とした。たった4日でほぼ新品のトイレットペーパーを使い切ってしまったのだ。確かに男性と女性では紙を使う量は違うだろうが、こんなにも早く、まさかなくなってしまうとは思ってもいなかった。それにエミリア。これが白人的感覚だと思うのだが、人のトイレットペーパーを使い切ってしまった事に対して何とも思っていないようだ。しかもあれは質のいい日本製。。
いや、別にトイレットペーパー代が勿体ない訳ではないのだが、ちょっと驚いたのだ。それより明日以降、紙をどうするかを考えなくてはならない。もちろんトイレットペーパーなど普通にここらでも売っているのだが、カトマンズに戻れば安く買える。

悩んだ末にカメラバックからある物が出てきた。
ポケットティッシュだ!
駅などで無料で配っているポケットティッシュである。何てラッキーなんだ!どうやら京都駅で貰った消費者金融のティッシュのようだ。助かった。これで何とか数日は耐えられる。有り難い。


翌日は08:00にパンボチェを出発。途中にあるタンボチェへ向う坂が予想以上に辛くて大変だったが、何とか無事到着。標高5000mで鍛えたとは言え、辛いものは辛いもんだ。
そして、ここからあの「タンボチェ坂」に入る。下りで気が楽とはいえ、これまでの経験で登りが辛い場所は下りも辛い事は分かっている。
思った通りである。下れど下れど谷底が遠い。それに早足になりがちなのでどうしても足にも負担が掛かる。一体いつになったら終わるのか、この坂。。と思い始めるた時、ようやく川の音が大きくなった。プンギに到着。下りだけで1時間も掛かった。恐ろしい坂だ。

プンギを経え、再び登りになる。
それにしてもパンボチェ〜ナムチェ間とはこんなに下ったのか、と思うほど帰りはよく登りが続く。でも幸運な事に酸素は十分あるので、思っている以上に足が進む。さすが高酸素地帯。酸素があれば体力勝負なので、割と速いペース(自分ではそう思う)で坂を登ってゆく。人を抜く事はあっても、抜かれることはほぼない。シャワーを浴びられるナムチェが待ち遠しい。


ナムチェに近づくと木々が美しくなる
ナムチェへの道は遠い すれ違うヤクには注意



でも、そんな気持ちとは裏腹に、ナムチェへの道は異様に遠い。
歩けど歩けどナムチェの街は見えない。目の前に人参を吊るされた馬のようだ。必死に進めど進めど終わりが見えない。しばらくすると背後にエベレストが現れた。ナムチェへ向う最後のカーブ、ここでエベレストに一礼して先に進む。

この辺りになると背の高い木が被い茂り始め、人々の往来も激しい。埃もすごく、ヤク、人、風などが次々と砂埃を舞い上げる。そして歩き始めて5時間、ようやくナムチェに到着した。
前回と同じ宿に泊まり、早速シャワーを浴びる。

生き返る。。。。

ヤクもたくさん通るナムチェ
物資豊かな街
たったシャワーを浴びるという、たったそれだけの行為がこんなにも素晴らしい事だとは、こんなにもかけがえのない事だとは思いもしなかった。ガス式なので湯の温度も十分。8日ぶりのシャワーを心から味わう。有り難い事だ。
その後、ネットをしたり、ハガキを書いたり、買い物をしたりしてナムチェの夜を過ごす。ナムチェまで来ると随分暖かく感じる。まあ、当たり前なのだが。

ところで夕食時に、またしても白人のすごさを思い知らされた。
高額な缶ビールやジュースを頼むのは当たり前なのだが、とある白人の団体がジュージューと音を立てながら運ばれてくる高額なステーキ(ヤクステーキだと思う)をみんなで注文して食べている。ものすごい音と香りが食堂に充満する。一体奴らの金銭感覚はどうなっているのだろうか。節約という観念はないのだろうか、、、いや、でも逆にこういう場所だからこそ思い切り美味しい物を楽しむのだろうか。どちらにしろ自分には真似はできない。

それにしても対照的なのが、同じ白人のエミリア。
ただの白米と目玉焼きを頼んで、塩やこしょう、トマトケチャップやチリソースをかけまくって食べている。自分よりせこい食べ方だぞ、これって。何でもいいが、一緒にいる人間が恥ずかしくなるような物は頼まないで欲しいもんだ。。


翌朝も快調に山を下る。
ナムチェを出るとすぐに「ナムチェ坂」に差し掛かる。もちろん下るだけでも大変な坂だろう。下りだが歩き始めてすぐに暑くなり上着を脱ぐ。やはり大変な坂。長い坂を下ると必ず足に来る。
30分ほどしてエベレストが見られる場所までやって来た。これが本当に最後のエベレストだ。


最後のエベレスト


最後のエベレストも、やはり雲ひとつない素晴らしいものだった。最高のエベレストが送り出してくれた。これでももう思い残す事はない。


標高3000mをきると野菜も植えられている
1時間弱かかってようやく坂を下りきった。恐るべし坂である。その後は緩やかな坂が続く。もう気候は暑いと言ってもいいぐらいである。それに比例して多くの木々が生え、野菜などが植えられているのが目に付く。標高3000mをきっていると思うが、実に豊かさを感じる。よく見れば電線も見える。電気も来ているようだ。
帰りの道では、行きでは気にならなかった様な事がよく目に付く。道も岩などで整備されており、人が住んでいる場所だということを改めて実感する。

10:30にパクディンを過ぎる。距離的にはルクラまで半分のところだ。それにしてもどんどん暑くなる。正直半袖でもいいぐらいだ。出発前に用意しておいた最初の水はもう無くなっている。予備に1Lの水を買っておいて良かった。


ルクラまであと少しの地点でチョブルンという村までやって来た。
ここからジリという場所に行く分かれ道が現れる。ジリとはルクラまで徒歩で行く場合に起点となるトレッキングの最初の村で、カトマンズからバスで行ける。つまり飛行機を使わずに陸路でカトマンズまで帰る(もしくはカトマンズから陸路で行く)トレッカーが利用する村である。
エミリアは帰りはジリ経由でカトマンズまで戻る事になっている。つまりここでお別れだ。
「Way to Jiri」という看板が現れる。いよいよお別れだ。エミリアが最後に看板と一緒に写真を撮れという。「もちろん」と言って撮ってやる。すると、

「足まで全身入れて」

と言ってカメラを返してきた。この女は・・・最後の最後まで。。更にナムチェで出せなかった絵葉書を「ルクラで出してくれ」と言う。ルクラにいつ着くか分からないし、飛行機のブッキングもあるので「出せるかどうか分からない」と言って断った。最後の最後まで、本当にずうずうしい女だ。根は悪くない奴なんだが。。これからは一人。後は一人でがんばれよ。(仲が悪かった訳ではないので・・・念の為)


ルクラで食べたピザ。うまい。
ルクラ空港
ここまで霧が出ると飛行機は飛べない。
その後、何故か現れた厳しい登り坂を越え、13:30ようやくルクラに到着。嬉しかったが、正直フラフラ。そのまま航空会社のオフィスを探すが、何故かまだ開いていないようだった。集中力のないまま歩き続け、村の外れまで来てしまう。明日のカトマンズ行きの飛行機を予約しなければならないが、ひとまず近くのロッジにチェックインする事にした。
幸運にもここのおやじが日本語もできる頼れるおやじで、明日のチケットの予約もしてくれるとの事だった。ヘトヘトだったので助かった。
その後、トレッキングを終えた満足感を感じながら、ゆっくりと夕食をとる。久しぶりにピザなんてものを注文。値段も安く、味もいい。下山してきた事を本当に感じる瞬間だ。だんだんトレッキングが終わったんだ、という気持ちが強くなってきた。


翌日、起きてびっくり。一面霧が出ている。朝食を食べ、天候の回復を待つが、一向にその気配がない。おやじに聞いても「今日はダメだろう」とのこと。仕方ない。天候ばかりはどうしようもない。ルクラの小さな街を散歩するも、1本の通りと小さな空港があるだけの街。あっという間に終わってしまう。何もする事がないまま一日を終える。

更に翌朝、外を確認するが前日から降り続けていた雨がまだやんでいない。つまり早朝フライトは無理。午前中晴れるのを待つが、時間が立てば経つほど霧が濃くなってゆく。残念だが今日のフライトも無理だろう。
ルクラ到着から3日目。静かだったルクラの街にも結構多くの人が歩くようになってきた。足止めされたトレッカー達だ。長い時には1週間続く事もあるそうだが、この悪天いつまで続くのだろうか。
夕食で同じ写真が趣味の日本人の方と一緒になる。何もする事がない場所で、好きな写真の話ができたのは幸運だった。

翌朝、人々の騒ぐ声で目が覚める。カーテンを開ける。晴れだ!雲ひとつない晴天。向こうの山肌まではっきり見える。これなら飛べそうだ。
空港に行って見ると、多くのプロペラ機が離着陸していた。待ちわびたたくさんのトレッカーが空港を見つめ、今着いたばかりの新しいトレッカーはルクラの街へと向っている。
食事を終え、10:00前に空港へ。予想以上のたくさんの人で溢れている。ここ3,4日分の人が押し寄せているのだ。無理もない。チェックインもものすごい人だかりの中、何とか終わらせる。皆、早くカトマンズに帰りたい一心で殺気立っている。予約はしてあるものの、これだけ多いと不安になる。
結局2時間遅れの12:20に離陸。昼を過ぎると風が出てきて、キャンセルになるのではと恐れつつ無事ルクラを発つ事ができた。


空港で慌しかったのでトレッキング終了の余韻に浸る暇もなかったが、機内からエベレスト山群を見ると何だか少し寂しい気持ちになった。


晴天のルクラ空港とプロペラ機




その6「おまけ。トレッキングについて」

海外登山TOPへ