TOP > 海外登山 > エベレスト・トレッキング
2008年10月23-11月6日
13泊14日





1.「1杯のミルクティー」
2.「高山病」
3.「高山を歩く」
4.「いざ、カラ・パタールへ」
5.「帰路、そしてルクラで足止め」
6.「おまけ。トレッキングについて」


【ルート】
往路
ルクラ パクディン ナムチェ タンボチェ ティンボチェ ビブレ トゥクラ ロブチェ ゴラクシェプ カラパタール,B.C
復路
ゴラクシェプ ロブチェ トゥクラ ペリツェ タンボチェ ナムチェ パクディン ルクラ

行程 13泊14日
難易度 :★★☆☆☆
お勧め度 :★★★★★
※・・・登山道は歩きやすい。レベル的には日本のアルプスの方が難しい。ただし、高度が高いので、それを考慮すればもう少し難易度は上がる。



鳳凰三山


おまけ「トレッキングについて」

ここでは今回エベレスト街道を歩いたトレッキング情報をまとめておきます。
今後トレッキングされる方の参考になればと思います。


 今回歩いたコース
 トレッキングのシーズン
 個人トレッキングか、ツアートレッキングか?
 トレッキングコース
 ガイドとポーター
 トレッキングの装備
 寒さ対策

 高山病対策
 宿(ロッジ)について
 トレッキング中の食事
 その他気付いたこと



美しい景色の中でトレッキングを楽しむ



今回歩いたコース
Day1
カトマンズ⇒ルクラ→パクディン→モンジェ
カトマンズからプロペラ機に乗り、ルクラへ。2800mほど標高はあるが、まだ木々が多く、夜は寒いが歩いていると暑いぐらい。
Day2
モンジェ→ナムチェ
地獄の「ナムチェ坂」を乗り越え、ようやく街道随一の町ナムチェへ(3,440m)。ダウンの寝袋調達など、装備を見直す。
Day3
ナムチェ→シャンボチェ→ナムチェ
(休養日:高度順応)高度順応の為、ナムチェ近くのシャンボチェへ。エベレストを眺めながらミルクティーを飲む。
Day4
ナムチェ→タンボチェ
ナムチェで休養し、タンボチェへ。「タンボチェ坂」に苦しみながら、ボロボロになって到着(3,867m)。景色のよい街。
Day5
タンボチェ→パンボチェ→ティンボチェ
いよいよ4,000mを超えるティンボチェへ。フラフラになりながら到着するも、夜高山病を発症。
Day6
ティンボチェ→ビブレ→ティンボチェ
(休養日:高度順応)午前中まで休養し、高山病を治す。4,570mのビブレへ高度順応の為にショートトレッキング。
Day7
ティンボチェ→トゥクラ→ロブチェ
体調が回復し、ロブチェへ。4,930mと標高が高いのですぐ疲れてしまう。宿探しに苦戦。翌朝は-7℃と寒かった。
Day8
ロブチェ→ゴラプシェプ→カラ・パタール
いよいよ最終目的地カラ・パタールへ(5,545m)。最高の場所で、世界一のエベレストを眺める。
Day9
ゴラプシェプ→エベレストB.C→ゴラプシェプ
ゴラプシェプでもう一泊し、往復8時間かけてエベレストベースキャンプへ。遠征隊の雰囲気を味わう。
Day10
ゴラプシェプ→ロブチェ→トゥクラ→ペリツェ→パンボチェ
いよいよ帰りの途につく。予定のトゥクラを過ぎ、一気にパンボチェまで下る。標高も1,000m以上も下った。
Day11
パンボチェ→タンボチェ→ナムチェ
長く長く感じたナムチェへの道。苦労して到着後、8日ぶりのシャワーを浴びて感激。ネットをしたり、ハガキを出したりする。
Day12
ナムチェ→モンジェ→パクディン→ルクラ
行きには感じなかった自然の豊かさを実感する。野菜や果物などがとても豊富。長い時間を掛けてようやくルクラへ。
Day13.14.15
ルクラ⇒カトマンズ(天候不順の為、ルクラで足止め)
初めて天候が悪化し、飛行場のあるルクラで足止めを食らう。3日後、ようやくカトマンズへ戻る。




■トレッキングのシーズン
雨季の終わる9月後半から、雨季の始まる5月頃まで。ただしハイシーズンは10月11月で、この2ヶ月は空気は澄み、毎日真っ青な青空が続く。今でもあの青空が目に焼きついている。トレッキングは大変だが、また見に行きたい。12月以降は寒さが酷くなり、積雪も始まる。3月以降は雲が多くなり、景色が悪くなってしまう。



■個人トレッキングか、ツアートレッキングか?

慣れない山道は自分のペースで歩きたい
ツアートレッキングのメリット・デメリット
何と言っても全ての手配をしてくれるのが最大のメリットである。煩わしい現地の手配や交渉もしなくてもいいし、トレッキング中にはガイドやポーターが全てを支えてくれ、美味しい料理(日本食など)も作ってくれてほぼ不自由無しにトレッキングに集中できる。言葉の心配もないし、皆で楽しくトレッキングが楽しめる。
デメリットは集団行動になることや、日程の変更などが難しいこと。たくさんの人と一緒に歩くので、体調が悪くなってもあまりゆっくり歩いていられない。迷惑が掛かってしまう。そして何よりも状況に合わせた日程の変更ができないことであろう。
例えば、辛い思いをしてやっとエベレストまで行ったのに、天候が悪く雲しか見えなかった・・。それでも下山しなければならない。これは何より一番辛いことに思う。

個人トレッキングのメリット・デメリット
最大のメリットは「自由」なこと。上記のように例えエベレストが曇っていても、晴れるまで滞在する事も個人トレッキングなら可能である。どんなルートを取るのか、その場その場で情報を得て行き、予定になくても興味があれば行って見る事ができる。これが最大のメリットと思う。
その他には、他のトレッカーと知り合いになれるとか、気に入ったガイドやポーターを自分で選べるとか、などなど。
逆にデメリットはまったくの個人ゆえ、自己や怪我などのアクシデントが起きた際の対応が全て自分でしなければならないこと。宿や航空券の手配などは個人でも大した事はないが、いざと言う時はやはりそれなりの語学力や非常時に対する対応力などが必要となってくる。



■トレッキングコース
アンナプルナとエベレストコース
アンナプルナ
ネパール中央にあるポカラの街を基点としたトレッキングコース。ポカラから近くまで車でアクセスでき、2〜3日のショートトレッキングから、1ヶ月を越える本格的なトレッキングまで様々なトレッキングが楽しめる。アンナプルナ1周コース等以外では、比較的標高差も少なく高山病の心配もないし、宿の設備も良く整っている。

エベレストコース
世界最高峰エベレストが見られるトレッキングコース。最も人気のあるコースのひとつで、シーズン中は多くの人で賑わう。ただし、出発の街となるルクラまでは飛行機を使わなければならないし、最終地点のカラ・パタールやゴーキョーピークまでは10日間以上もかかる。標高差も大きく気軽には行けない。



ガイドやポーターとは
上手く付き合いたい
■ガイドとポーター
一人で行く場合や、たくさんの荷物がある場合は雇うことが望ましい。彼らを通して山の文化を学ぶ事もできるし、現地にお金を落とすという意味でも雇うことは悪い事ではない。宿で一人で食べる食事は寂しいものがあるし、有事の際にも心強い。またガイド、ポーター共に十分な英語を話し、英語ができれば意思疎通は問題ない。しかも、ポーターは実際ガイドも兼ねている人もおり、ポーターだけでも雇う価値はある。
ただ、ハイシーズン(10月、11月)であれば上記のような有名なコースは多くのトレッカーで溢れており、例え1人で行っても道に迷う事はまずない。実際一人でトレッキングをしている人も見かけたし、慎重に行動していればそれ程危険な事はないと思う。またガイドやポーターとの交渉もしっかりとやらねばならないし、また性格が合わなければこれまた大変なことになる。
尚、料金は訪れた時点でポーターで10$以上/1日、ガイドで12$以上は必要だった。



■トレッキングの装備
今回紹介するトレッキングの装備は、エベレストトレッキング(カラ・パタール)の往復の自分の装備。アンナプルナなどへのショートトレッキングなどではもう少し荷物を減らす事も可能。それぞれ好きなようにアレンジしてください。


寝袋(ダウン) 替えのズボン カメラ
ダウンを用意しましょう。ビニール製だと泣く思いをします。現地でもレンタルできるけど大きいので嵩張ります。温度は氷点下ちょっとぐらいまで耐えられるもの。 ここで言う替えズボンとは、寝巻き用のもの。トレッキング中に履くものは非常に汚れるので、薄くてもいいので(もも引き併用)あると便利。 デジタル一眼レフとコンパクトカメラを持参。コンパクトカメラは耐震、耐熱・冷仕様。両方とも常にすぐ出せるようにしておいた。
ダウンジャケット
(インナー)
時計(目覚まし) 予備バッテリー×2
標高が上がるにつれ風が氷のように冷たくなります。フリースやウィンドブレーカーなどではもたないのでダウンが必要。 トレッキングの朝は早い。携帯電話でも、専用の時計でも何でもいいので必ず1つは欲しい。 気温が下がるとバッテリーの持ちが悪くなる。デジタル一眼とコンパクトカメラ、それぞれ予備を1つずつ持っていった。痛い出費だが、失敗は許されないので仕方がない。(宿によっては有料で充電可)
長袖のフリース 日記帳+ペン 変換コネクター
ダウンジャケットの下に着込みます。暖かい食堂や標高の低い場所ではこれで十分。 旅の必須用具。改めて説明するほどのこともない品物。その時々の感動をその時に残しておこう。 トレッキング中の宿でも充電はできる。だが、様々なコンセントの形があるので、これがあると安心。
Tシャツ ハンガー ガイドブック(又は地図)
本当は保温性のある下着がベストなのだけど、用意できなかったのでTシャツを代用。他の物があればそれがいいです。 持っては行ったが必ずしも必須ではない。選択の時に使ったが、ロッジには洗濯ロープが張られた場所も多いので絶対ではない。 歩き方を持参。これ1つで十分だった。現地で様々な地図を売っているが、メジャーコースを歩く程度ならばガイドブックで十分。
靴下 ライト おかし
トレッキングソックスとは別に、通常の物を2足用意。本当はもっと欲しかったのだけど、これ以上は荷物になるので無理。洗濯が辛い。。 超必須用品。夜のロッジには電灯はほとんどない。トイレに行く時や、部屋にいる時でさえ必要。絶対持ってゆこう。 非常食を兼ねてビスケットやプルーン、チョコレート等を持っていった。最後には時間のない時の朝食になったが、現地で食べる日本のお菓子は最高。
トレッキング用靴下 タオル ペットボトル
モンベルのトレッキングソックス。厚みがあり、保温性もあり大変助かった。上記の靴下と併用した。 旅の基本。洗面時やシャワーなど使い道は多い。まあ、これはみんな持ってゆくかな。 宿で貰う熱湯(タトパニ)の為にも、1つペットボトルを持っておきたい。ネパール製だと熱湯を入れると変形してしまうので、丈夫な日本製がいい。おススメは1L。
ウィンドブレーカー ダイアモックス 写るんです
ダウンジャケットがインナータイプだったので、一番外にはウィンドブレーカーを着た。厚いダウンジャケットがあれば必要ない。 Diamox。高山病の薬。カトマンズで購入。10錠で88ルピー。保険の意味も兼ねて買っておきたい。 先の2つのデジカメのデータが飛んだ時のための保険。ISO100を探していたが、400しかなかった。無駄な出費に終わったが、それはそれでよい。
トレッキングシューズ シャンプーセット 絆創膏
超必須。かなり足場が悪いのでこれがないとすぐに足がやられます。特に下りは足に負担が大きい。 普通の旅のときほどは使わないが、シャワーを浴びられる時にはやっぱり欲しい。何日も我慢してのシャワーは本当に最高。 下山の時は歩行速度が上がり、どうしても足に負担が掛かる。すると足の皮が剥けやすくなるので幾つかあるとよい。
手袋(風を通さない物) 石鹸 テーピング
ナムチェ辺りではそれ程必要はないが、高度が上がるにつれ必須になってくる。特に風を通さないタイプの物がおススメ。 上記シャワーセット同様、やはり石鹸も欲しい。数日貯めた汚れを石鹸で落とそう。 上記の絆創膏と一緒に使いたい。激しい足の運動に耐えるには絆創膏だけではすぐに剥がれてしまう。使う時はぐるぐるに巻いておこう。
帽子(耳まで被うもの) 洗剤 つめ切り
上記手袋同様、高度が上がるほど必要になってくる。頭からの熱放射は結構あるので是非用意したい。耳を温める事ができるものがよい。 長期のトレッキングならやはり洗濯はしたい。ただ、寒すぎて水が冷たいので、洗濯には気合を入れて。 トレッキングが長く続くと、意外に足のつめなどへの注意がなおざりになる。つめが伸びると怪我の原因になるので、ちょくちょく見ておこう。
マスク バックパック 日焼け止め
標高が上がるとそれ程でもないが、ナムチェ辺りでは風や人、ヤクによって舞い上がった埃がすごい。喉を痛める原因になるので1つ持っておきたい。 できれば小さいのがいい。そして体に合ったもの。安物でもいいが、体の負担を考えると、あまりケチらない方がいい。 男の場合はそれほどでもないが、女性、特に皮膚の弱い人は必需品。高地の紫外線はかなり強烈。
ズボン カメラバック サングラス
洗濯の事を考えて、綿のような乾きやすい物がよい。埃でかなり汚れる。洗濯もがんばろう。 一眼レフ用のカメラバック。バックパックにしまってしまうとシャッターチャンスを逃してしまうので、常に外に出しておいた。また両手が使えるように、胸前でバックパックに取り付けられるようにした。 日焼け止め同様、日差しに弱い人は持って行ったほうがいい。自分は不要だった。現地でも買える。
もも引き
ナムチェぐらいまではよいが、それ以降非常に風が冷たくなる。歩行中の寒さ対策はもちろん、朝晩の着替えの際にもありがたい。


※レインウェア
今回はレインウェアを持って行きませんでした。ただし、登山でレインウェアは必須。雨具無しで山を登る事は無謀。今回はたまたま晴天に恵まれたが、5000mを越える高度で雨に降られたら、命取り。



トレッキング中でもルクラやナムチェなどでは
それなりの装備が手に入る(写真はナムチェ)
■寒さ対策
訪れた10月、11月はまだそれ程寒さは厳しくはないと言う。
でも、寒かった。出発のルクラ周辺は歩いていると汗ばむぐらいだったが、ナムチェ、ティンボチェ、ゴラクシェプと標高を上げるほど、当たり前だが寒くなる。特に標高4,000mを越えた辺りからは風が氷のように冷たく感じるので、ウィンドブレーカーやダウンなどは是非用意しておきたい。

またズボンも同様で、もも引きなどの防寒具も欲しい。歩いていても寒い高地のトレッキングはもちろん、朝晩の着替えの際にも威力を発揮。現地でも手に入る。
それから、手袋に帽子。手袋は風を通さない素材の物がいい。ただし厚過ぎるとデジカメの操作ができなくなるので、ちょっと注意しよう。帽子は耳を覆うようなもの。冷たい風によってまずやられるのは、耳や手足と言った冷えやすい部分。実際ほとんどのトレッカーが耳を被うような物(帽子や耳当てなど)をしていた。



カラ・パタール山頂(5545m)
ここまで来るには高度順応が必要
■高山病対策
高い所では気圧が下がるため空気がうすくなり、それに応じて含まれる酸素の量も減る。体がそれに慣れるまでは様々な症状が現れる。大よそ標高3,000m付近から症状が出始めるが、油断すると死にもつながる恐ろしい病気。初期症状は頭痛や脱力感、めまい、睡眠障害など。酷くなると激しい頭痛や精神状態の異常、運動失調になる。こうなるとトレッキング続行は不可能。夜間でも無理してでも下山すること。

高山病を防ぐトレッキング法
1.ゆっくり歩き、余り荷物を重くしない。
2.防寒を心掛ける。
3.1日に上げる標高差を最大500mにおさえる。
4.脱水症状になりやすいので、水分補給を常に心掛ける。

等である。また、標高3,000mや4,000mを越えた辺りで高度順応の為に一日休養日を設けることも大切。とにかく焦らずにゆっくり計画を立てて進む事が大切。


ダイアモックス
高山病になったら
万が一症状が出たら、以下の点に注意する。
1.周辺を歩き体を慣らす。
2.ダイアモックスなどの薬を飲む。
 ※ダイアモックスは血管を広げ、脳などに酸素をたくさん運べるようにする薬との事。食後3回1錠飲んでいたが、処方についてはご自身でご確認を。
3.それでも症状が回復しない場合は、直ちに下山する。標高を下げる事が一番の治療。


自身、実際ティンボチェ(標高4,350m)で高山病にかかってしまった。頭痛に睡眠障害、手足の痺れなど想像していたよりも大変であった。幸い1日の休養とダイアモックスを飲んで高地順応をする事ができたが、ひとつ間違えれば恐ろしい事になっていた。最悪、カトマンズからヘリコプターの要請もできるようだが、費用は50万円とか60万円とかとの話を聞いた。しかも、患者に支払い能力がないと出動してもらえないとのこと。保険も適用は難しいので、体調管理だけは本当に気をつけたい。



■宿(ロッジ)について
⇒トレッキングの宿の情報はこちらをどうぞ【外部サイト:旅日記へ】



トレッキング中のロッジの宿泊費は非常に安い。安い場所で100ルピー(約130円)、高くても300ルピー(約390円)程度である。しかしその分、食費が高くそれで埋め合わせをしているようだ。そんな訳で、ほとんどの宿でその宿で食事をとらなければならなく、他で食べると追加料金を取られる場合がある。
ナムチェの宿。これは清潔な方
食事は標高が上がれば上がるほど(奥に行けば行くほど)高くなる。ほとんどが人やヤクの手によって運ばれているのでこれは仕方がない。ダルバート1食300ルピー程度は当たり前。
食事のオーダーはレストランに置かれているノート(部屋番号が書かれている)に記入して渡す。朝昼晩の食事やシャワー代、バッテリーの充電代など宿泊中に掛かった費用も全て記入。チェックアウト時に宿代も含め一括して支払う。
飲み水はタトパニ(お湯)がほとんどの場所で無料で貰える。ごく一部の宿で有料。とても熱いので一晩冷やして飲み水とする。ミネラルウォーターも売っているが、100〜200ルピーと高額だし、ペットボトルは環境にも良くない。


毛布は最初から置いてある所とない所がある。言えば出してくれるので、必要ならば宿の人にその旨を伝える。言わなければ出てこない。


シャワーはナムチェ付近までなら熱水(ガス式)があるが、それ以上になるとほとんどがソーラー式になり余り熱くないので注意。ぬるいシャワーは風邪を引く原因になる。というか、寒すぎて浴びる気が起こらない。


夕方になると大体皆食堂に自然と集まってくる。唯一のストーブがある為だが、21時頃には大体皆寝てしまう食堂もそれほど遅くまでは営業していない。。


一人客は基本的に好まれない(宿泊費や食事で落とすお金が少ない為)。一人の場合はドミを探すか、あえてトレッカーの少ない小さな集落に宿泊する。
宿にレセプションはない。食堂がそれを兼ねているので、新しい宿では食堂を探し、スタッフに声を掛けよう。
大きな宿は設備はよいが融通が利かない。家族経営的な小さな宿の方がいい場合もある。



■トレッキング中の食事
トレッキング中の食事は非常に高い。トレッキング中の出費の多くがこれに割かれる。とはいえ、トレッキング中の大きな楽しみでもあるのも確か。
メニューは意外に豊富である。お馴染みのダルバードをはじめ、トーストにスパゲッディ、チャーハン・ピザにステーキなど。モモやトゥクパなどのチベット料理のほかにも西洋料理が豊富にあるのは嬉しい。飲み物はチャイ(ミルクティー)やコーヒー、様々なお茶、コーラにスプライトなどこちらも豊富。メニューだけ見るととても山の中とは思えない。

食事いろいろ
パンケーキとチャイ
(パクディン)
チーズサンドイッチとチャイ
(モンジェ)
エベレストビール
(モンジェ)
チーズかけトマトスパゲッティ
(モンジェ)
フライドパンケーキと生姜スープ
(モンジェ)
ダルバート
(ナムチェ)
シェルパシチュー
(ナムチェ)
ガーリックトースト
(ナムチェ)
シェルパシチューとチャイ
(タンボチェ)
チャーハン
(タンボチェ)
目玉焼きトースト
(ティンボチェ)
シェルパシチュー
(ティンボチェ)
ダルバート
(ティンボチェ)
ダルバート
(ゴラクシェプ)
焼きぞば
(ゴラクシェプ)
ピザとレモンティー
(ルクラ)
おまけ:ラーメンとチャーハン
(カトマンズ)



■その他気付いたこと

言葉
カトマンズでは良く日本語が通じるが、トレッキング中では英語が主体となる。ガイドやポーターをはじめ、宿の人も一通り英語を話す。簡単な英語で通じるのでどんどん話しかけよう。
トレッキング中に良く水をたくさん飲めと言うが、その意味はとある朝知った。朝の5時起きで早朝出発だった朝、デジカメの目覚まし時計を止めそのまま寝てしまった。5分ほどで目が覚めたのだが、顔の前に置いておいたデジカメが息でベタベタになってしまっていた。たかだか5分だが、乾燥している為体内の水分蒸発が激しい。しっかり水分補給をしないと、簡単に脱水症状に陥る。宿で無料の水(タトパニ)を貰ってしっかり水を飲もう。
トレッキングシューズ
エベレストトレッキングで靴は非常に大切。岩や石がごろごろの道を歩くので、しっかりと足首まで保護してくれるトレッキングシューズでないとすぐに足などを痛めてしまう。それ程高価なものでなくてもいいので一足は欲しい。ただし、防水がない靴だと、雨や残雪時を歩く時に足が濡れてしまい凍傷等の危険がある。またマメ対策の為、トレッキング用の厚い靴下を用意したい。
ヤク
トレッキング中に何度も会う動物。他にもいろいろな呼び方や種類があるようだが、素人にはみんなヤクに見えるのでここでは全てヤクとする。彼らは大きな体で狭い山道を大群で歩き、気を抜いているとあの鋭い角で怪我をしてしまう。また、ヤクを避ける際は必ず山側へ。谷側だとヤクに体当たりされて転落の危険がある。とにかくヤクの群が来たら、先に進まず道を譲ろう。


海外登山TOPへ