TOP > 山の雑学 > 装備、あれこれ








 管理人が山で使っている装備を紹介。
 荷物を軽くする努力は、バックパッカー時代から趣味のようなものでした。
 登山道具は値が張る物ばかりなので、ここで参考になればと思います。



Contents
基本的に身にまとうもの。服や靴など。   食事を作る際に使う道具。ガスや食器等。   テン場で過ごすための道具。テント等。   左の分類に当てはまらない道具。ザック等。
       






clothes
速乾性シャツ
ユニクロで購入。1,200円ぐらい。速乾性とはあるが、結局ポリエステルの生地ってこと。着心地はまあまあ。綿じゃないのでそれは期待できないかな。名称通り、良く乾きます。
 
長そでシャツ
GTホーキングの長袖。トレッキング用ではなく、綿素材の服です。汗を良く吸い込みますが、肌触りが良いので今は愛用しています。
 
長袖フリース
モンベルのクリマプラス100アウタージャケット【5,800円】。今や登山には必須のアイテムになっている。インナーはもちろん、テント設営後のリラックス時にも、そして普段着使いでもOK。アルプスや低山登山の際にも体を冷やさないように利用しています。
 
インナーダウンジャケット
モンベルの「U.L.ダウンインナージャケット」。12,800円。山の装備では当然なのだが、やっぱり高額。一度無くしたことがあるので(泣)、今は大切に使っています。基本的にインナーなので、ウインドブレーカーやレインジャケットの下に着込んで使います。着た瞬間に温かさを感じるのはさすがダウン。軽いし小さいし、お薦めです。価格はこちらで確認できます。
 
レインウェア(上下)
モンベルの「レインダンサージャケット&パンツ」。それぞれ16,000円、10,800円。ゴアテックス製なので、雨に濡れずに汗は蒸発。雨天時の登山を快適にしてくれます。というか、これがなければ山には入ってはいけない品。ベタベタになって山を歩くのは死に繋がります。良いものを買いましょう。
 
トレッキングソックス
モンベルの「ウイックロン トレッキング オーバイルソックス」。1575円。履き心地抜群です。トレッキングソックスってこれが初めてだったんですが、ちょっと感動しました。激しい山の歩行には、ちゃんとした靴とちゃんとした靴下が必要です。必須。
 
テント用靴下
どこかのスーパーの安物です。冬に家で履く靴下をテント内、寝る時に使っています。秋ぐらいまでならこれで十分ですが、寒がりな人には足らないかも知れません。
 
ももひき
スキー用のももひき。内側に毛がついていてかなり暖かいです。テント内、就寝時に使っています。ちょっと古いものなので、もしかしたら今はもっと高性能なももひきがあるかもしれません。
 
スパッツ
イスカの「ゴアテックス ライトスパッツ フロントジッパー」です。3,940円。富士登山や天候の悪い日(足もとが濡れている日)に使っています。ズボンへの汚れは随分防げるけど、ゴアテックスなのに結構足首あたりが群れてしまいます。状況に応じて使い分けています。
 
軍手
100均の軍手です。滑り止め付きのものを選びました。雨天時の手袋は別に用意したいのですが、今のところこれで我慢しています。主な用途はテントの設営、撤収時(手がすごく荒れるから)と、料理の時です。手を使って登らなければならない登山道でも結構使います。ひとつ持ってゆきましょう。
 
グローブ
AXES QUIN(アクシーズクイン)と言うメーカーのグローブ。好日山荘で安く売っていたので購入。1,500円ぐらい。少し岩場のある場所では、上記の軍手ではなく一応こちらを使用します。防水ではなく夏場でも涼しい。
 
マフラー式のタオル
昔は手拭いを使っていたんだけど、すぐに首から落ちてしまうので長めのこれを買いました。しっかり汗を吸い取ってくれるし、見た目にもお洒落、そして首に巻きつければ防寒性も向上します。
 
帽子
強い日差しを防ぐために必ず持ってゆきます。強烈な日差しは禿げる原因にもなるようなので、男性はやはりあった方がいいと思います。ちなみに自分は頭がすごく大きいので、左の帽子は4L(さすがにちょっとでかい)、「大きなサイズの帽子専門店」で購入しました。4,200円と高額だけど、しっかり被れて嬉しい。
 
サンダル
テントを張った後に行動するサンダルです。特売で200円。指をガードしてくれて、しかもかなり軽いので、今は多くの登山客が使っているようです。これで嵩張らなければパーフェクトなんですが、それは仕方ないでしょう。ザックにくっつけて登っています。
 
トレッキングシューズ(3代目)
ザンバラン社の「フジヤマ」。1929年、イタリアで生まれた老舗メーカー。この「フジヤマ」は日本人向けに作られた一品。父親のお古で、少し履いて使わなくなったのが物置にあり、使わないとの事で譲ってもらった。現在のモデルで約40,000万ほどもする高価な品。値段はこちらで確認できます。
モンベルの靴が全く足に合わなかったので恐る恐る使ってみたが、ほとんど足の痛みを感じることなく歩くことができた。履けば履くほど足に馴染むのはさすが革靴。潰れるまで履くつもり。

 
インソール
SUPERfeetのグリーン。4,515円。長時間歩くと足の裏が痛くなるので、試しに買ってみた。特に足ふまず以外の場所が疲れるので、これで足ふまずにもしっかり体重が掛かるようになればいいと思う。まだ未使用なので使った感想はいずれここで記載します。しかし、、高いなあ。。値段はこちらで。
⇒2010年の八ヶ岳で使用。感想は「まずまず」かな。登りの際はそれ程感じないが、下りの時に土踏まずによくソールがフィットして、シューズ内のずれを予防してくれる。お陰で指が痛くなることもなくなり、土踏まずに体重が掛かる事により足の裏の疲れも軽減した。

 
テントシューズ
イスカのテントシューズ(3,800円【2割引】 ⇒今の価格を調べる)。寒がりの相棒用に購入。晩秋のテント内や就寝時に役に立ちます。羽毛ですので暖かい。付属のバックに入れればそれなりに小さくなるので、まあありかな、って思います。
 
▲ページのトップへ戻る



meal
シングルコンロ
プリムスの「153ウルトラバーナー」。ガス250セットで8,100円。軽くて小さく、火力も強くてすごいんだけど、自動点火装置が買ってすぐに壊れた。以後はライターで火をつけているんだけど、かなり残念。ゴトクの動きも悪いし、壊れたら他のメーカーを検討します。価格はここで。
 
コッヘル
EPIの「EPIアルミ3点食器セット」。840円。アルミ製なのでとても軽く丈夫ですが、蓋をする時のキュルキュルって擦れる音がすごく気になりました。使っているうちにあまりしなくなったのですが、最初の頃は大変でした。アルミですので焦げたりしますが、値段も安いので満足の品です。
 
テフロン加工のフライパン
実はモンベルのチタンフライパンを買ったのだが、焦げる焦げる。目玉焼きすらまともに作れないので、テフロン加工の登山用フライパンを探していて見つけたのがこれ。chinook社のフライパン7.75。楽天で1900円(今の価格)。約20cmで大き過ぎず、小さ過ぎず。もちろん焦げないので料理もばっちり。多少物は増えてもちゃんと料理ができるのは嬉しいです。
 
トースター
プリムスのトースター(1,600円)。山でも美味しいパンが食べたいと思い購入。これまでの冷たいパンから焦げ目のついた温かいパンに感激。その他にも餅や魚、その他なんでも焼ける。また畳んで使えば火を拡散する役目も併せ持つ。ご飯などを均一に炊くこともできる。ちょっと重いのが難点かな。
 
ぺちゃんこ水筒
エバニューの「ウォーターキャリー900ml、2L」。それぞれ690円、760円。ザックの中に入れておく水筒として、登山する人の間では良く知られた水筒です。水がなくなったら文字通りぺちゃんこにできるので嵩張りません。栓もしっかりしていて水漏れも今のところないけど、水に少し臭いがつくのが気になる。(その後PLATYPUS2[2L]を追加購入)
 
玉子ケース
EVERNEWの「玉子ケース」。420円。ゆで卵を持ち運ぶこともできるし、生卵を入れてこのまま茹でる事もできる。登山の休憩中に食べるたっぷり塩をかけたゆで卵は絶品!割れずに気軽に玉子を山に持ってゆけます。
 
ライター、マッチ
山の中では必需品。今はコンロの点火として使っているが、遭難時などにも火があると助かる。ライターは高度が上がると中々火がつきにくくなるので、電子式の物ではなく発火石を使う(親指でスッと擦って発火するタイプ)の物がお勧め。写真にはないが、濡れても使えるアウトドア用のマッチも一緒に入れてます。必ず防水の為ビニール袋に入れましょう。
 
500mlのペットボトル
水筒代わりに使っています。上記のぺちゃんこ水筒から水を補給して、行動中に飲んだりします。日帰り登山の場合は、中にお茶などを入れて持って行きます。ポカリスエットの粉末などを入れて工夫も。ただし、何度も使うと汚れてくるので、適度に代えよう。
 
行動食、非常食
行動食兼、非常食。ここにはカロリーメイトしか載せてませんが、行動食には良くレーズンなどを持って行きます。ビスケットやせんべいなどもおススメ。特に塩味のものは、塩分を失った体にぴったりです。
 
▲ページのトップへ戻る
アウトドア&スポーツ ナチュラム


live
テント
モンベルの「ステラリッジテント 2型」。特価(28,800円⇒今の価格)で購入。設営もそれほど難しくなく、しっかりとした作りで満足しています。ただ、最初の説明書が非常に貧弱(初心者でも分かるようにして欲しい)であり、あとフライシートが黄色なので虫がよくやってくる。2.06kgで軽い方だが、グランドシートも付属して欲しかった。
 
グラウンドシート
上記ステラリッジテント2型の専用シート。テント場はやはり山なので地表は色んなものが落ちており、これがないとテント自体が傷つきます。めちゃくちゃ薄いので断熱効果はほとんどないと思いますが、テント本体を長持ちさせる為には必要かな。
 
銀マット
ホームセンターで1,000円ぐらいで売っていたのを、テントサイズに切って使用しています。5mm程度と薄いのですが、これがあるのとないのとでは随分保温性が違うと思います。朝方などはよくテント内が結露するので、シュラフを濡らさぬように壁側を15cmぐらい長めのサイズにして使っています。
 
寝袋
モンベルの「U.L.スーパーストレッチダウンハガー #3」
27,800円。高山でも夏ならばこれだけで問題なく眠れます。伸びる素材も快適だし、肌触りも抜群。ただし、秋の高山ではちょっと能力不足。インナーや厚着をして寝ないとちょっと辛いです。最高外気−4度で使用しましたが、寒くて熟睡までとは行きませんでした。
モンベルの「U.L.スーパーストレッチダウンハガー #1」
39,800円
→31,840円。新製品入荷の為20%引きのセールで購入。秋のアルプスで上記の#3では寒かった為、相棒用に購入。#3に比べるとかなり嵩張るが、秋の安眠の為には仕方がない。羽毛の膨らみ具合がやっぱりすごい。
 
シュラフカバー
モンベルの「ブリーズドライテックU.Llスリーピングバックカバー(ワイド)」。12,000円(今の値段)。もっとも割高に感じる品。テント内の結露によるシュラフの保護が一番の目的だが、やはり蒸れる。100%防止は不可能だろうが、結構濡れてしまっている。モンベルは通気性が良く、独自開発のこの生地をゴアテックスに代わる商品として売り出そうとしているようだ。尚、保温性はあまりない。
 
マット
イスカの「コンフィマットレス180」。特価で6,508円(今の価格)。空気を入れてシュラフの下に敷いて寝るマットだが、寝心地は抜群。ほとんど外で寝ている事を感じさせません。180cmと長い丈を買ってしまったが、もっと短くても良かったかな。ただし、収納が一番大変。付属のバックに入れるのにいつも一苦労しています。
 
テント用ライト
近くのスポーツ店で購入した小型ライト。3,000円ぐらい。12〜3cmほどしかないので、嵩張らずに収納できます。単四4本使用だったので、充電式の電池も併せて購入。まずまず明るくて、テント内使用だけならば全く問題なし。吊るして使っています。
 
天井ロープ
テント内でタオルなどを干すのに使用。テント状部にある輪っかにつけています。100均で買ったビニール製のロープを使用。服を乾かしたりもでき、かなり重宝しています。
 
ツェルト
正式にはツェルトザック。簡易式のテントで、遭難時に夜を明かしたり、被ったりして使います。テントを担いでいる時は必要ないが、日帰りの低山登山などでは必ず持っておきたい品。これを持っていれば捨てなくていい命を救える。ちょっと荷物は多くなりますが、ひとつは持っておきましょう。(10mのロープとペグ、エマージェンシーシートと共にスタッフバックに入れて携帯)mont-bellライトツェルト(9,240円)
 
▲ページのトップへ戻る
アウトドア&スポーツ ナチュラム



other
ザック
ドイターの「ACTライト 50+1050+10L328」 18,890円(今の価格はこちら)。名前が全くよくわからないけど、50L+10Lのザックです。1.56kgとこのクラスのザックの中では非常に軽く、生地は薄いけどまずまずの強度もあります。背中も蒸れにくいし、担ぎやすいし、かなり優秀な品です。
 
一眼レフ用カバン
どこかの量販店で購入。一眼レフ専用のバックではなありません。カメラ屋で中に入れる保護用のスポンジを内部に縫い付け、そこに一眼を入れるようにしています。行動中は上記バックパックの肩のショルダー部にくっつけて、胸の前に置き、いつでも取り出せるようにしています。でも、一眼用のカバンって中々いいのがないんだよねえ。。
 
ストック
T字型ストック。基本ワンストックなので一本で十分。ストックは結構使用頻度が高いのでこれで3代目。足の負担の軽減の為、どんな山にでも必ず持参します。
写真はモンベルのTグリップ(3,600円)。
 
軽アイゼン
左、スノーピーク・トレックシックステープバンド付き(1,995円【割引】)、右、エバニュー・軽量4本爪アイゼンSP付き(2,150円)。自分と相棒用に2つ購入。どちらがいいのか分からなかったので2つのメーカーを買って見た。基本的に残雪時や雪渓等に使用。白馬では必需品。
 
ザックカバー
近くの登山店で購入。1,500円ぐらい。雨が降った際のザックカバーですが、特筆すべきことはないです。カバーがないと、ザックの中までべたべたになるので、必ず持ってゆきましょう。
 
財布
山に持ってゆく財布です。モンベル「ミニジップワレット」(860円)。山には、クレジットカード、キャッシュカード、免許証、そしてお札を少々持って行きます。荷物にならないように小さい財布と言う事で、これを購入。
 
防水袋
モンベルで大昔に買った袋。防水加工がされているので、ダウンジャケットなどを移動中に、そしてテント内では各種バック(小さな袋がとにかく多いので)をまとめてしまっています。防水って結構大切です。
 
折り畳み傘
持って行かないときも結構あります。大体はレインウェアで間に合うんですが、ちょっとした休憩時やテント設営後などは便利かもしれません。レインウェアがあれば必須ではないと思います。
 
コンパクトデジカメ
ニコンの「AW100」。19,000円ぐらい。今の値段はこちら。防水、防陣、防振と旅に必要な機能を完備。−10℃まで対応しており、高山でも使用できる。画質はそれ程でもないが、主な写真は一眼レフを使っているので気にならない。また結構使えるGPS機能も付いており、電源オフのままでもログ機能なので行動ルートを記憶できたりする。10mまでの防水、フルハイビジョン、パノラマ機能など時代の進歩を感じる一台。撮影が楽しくなる。
 
電池、メモリーカードの予備
一眼レフやコンデジの予備バッテリー。それから各種メディアの予備。ライトの予備電池などをまとめてビニール袋に入れて持っていきます。
 
ライト
ペツルの「eライト」。3,800円ぐらい。(ここで値段が分かります)一応補助ライトなのだけど、夜間登山をしない分にはこれで十分。かなり明るい。小さいし、頭に巻かなくてもいいし、非常に気に入ってます。通常はザックの肩の部分につけて使っていますが、28gと軽いので帽子でもいいようです。ちなみに富士登山の時は、夜これだけで歩きました。
 
地図
MAPPLEの「山と高原地図」。900円。どんな山に行くにしても、地図は必需品。多くの人が地図を眺めているのを見かけます。所要時間や水場、テント場などが記載されており、何だかんだ言ってもやはり必要でしょう。
 
熊よけの鈴
確率は低いものの、山で一番会いたくないのが熊。生物界最強といわれるのも熊だというし、とにかく遭遇を避けたい。と言っても、実は熊も人間が怖いらしい。だから人間の気配(音など)を感じると、そそくさと逃げて行ってしまう。ただ、出会った距離があまりに近いと、向こうも吃驚して襲い掛かってくる。教われない為にも、先に鈴の音でこちらの存在を知らせよう。
 
コンパス
コンパスと地図は、どんな山に行くのでも必ず持って行かなければならない道具。この二つがあれば、大よその場所は把握でき、遭難防止になる。必ず持ってゆこう。
 
保険証のコピー
健康保険証のコピーです。いつ、どんな怪我をするのか分からないので、保険証のコピーをとって持って歩いています。できるだけ使わないように死体のですが。。
 
ファーストエイドセット
湿布、テーピング、伸びない包帯、ステロイド系ムヒ、絆創膏、バファリン、ガーゼ、消毒薬、その他下痢止めなどを入れています。日帰り登山であっても、これも必需品。特に絆創膏は結構使います。
【追加】携帯用ワセリン
 
ポイズンムーバー
主に蜂対策です。刺された時にできるだけ早く毒を吸い取ります。蜂の他にも蚊やブイ、蛇等にも使えます。山ではいつ何が起こるかわからないので、ひとつ忍ばせておくと安心です。
 
スントベクター ライムグリーン
高度、気圧、温度、コンパス機能が付いたスント社のベストセラー「ベクター」。円高で安くなった際にアマゾンで購入(20,938円【定価32,000円】 値段はよく変わります)。カシオのプロテックも一時考えたが、フィンランド製の圧倒的なデザインの良さでこちらを購入。
高度については気圧を元にしているので精度は微妙。一緒に買ったプロテクターも見づらくなるし、でかく(ダサい)なるので未使用。
 
ビクトリノックス クラッシクSD
信頼のおけるビクトリノックス製のマルチツール。欲しかったのは救急用のハサミだが、ナイフ等もついている。非常に小さく持ち運びに便利。学生の頃に買った別バージョンがいまだに現役だということを考えると、その性能は間違いない。モンベルのロゴ入りを購入【1,600円】。
小さいのでキーホルダーとして装備になかったホイッスルを付けている。
 
エマージェンシーシート
遭難時などに被って使います。薄いアルミ膜でできており、熱を外に逃がさないので低体温症などに有効です。50gと非常に軽いのでひとつバックに忍ばせておくだけで安心できる品です。管理人は上のツェルトと一緒のスタッフバックに入れて携帯しています。(mont-bellエマージェンシーシート350円)
 
▲ページのトップへ戻る